オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

それぞれのお盆

七日の朝 お墓の掃除。
十一日 盆花の準備。
仏壇にお供えする花・お墓にお供えする花。
お墓にお供えする花は少し短くして、庭先に咲いている、グラジオラス・アスターなども入れて、一緒にする。
昔なら、どの家の庭先でも“ミソハギ”などの精霊花があった。
十二日 お盆に使うものを買い物して、下準備にとりかかる。
十三日 仏壇棚に茣蓙を敷き、蓮の葉の代用に芋の葉を使い、なすやトマトの刻んだ物、赤飯、寒天・瓜などを色々乗せ、きゅうりの馬・なすの牛を置く。
ささげ・あおりんご・ほうずきなどと灯篭を一緒に飾り、回り灯篭を準備して供膳をあげる。
夕方近くに、お墓参りをして、家の門口で迎え火。
十六日の夕方にまた、お墓参りをして供物をお下げして、新しい供花。
そして、送り火。
『お義母さん!今年も来てけだねぇ・・。まだな・・・。』
確かに、この四日間は我が家にいる。
それは、不思議な事に主人共感じる事。
お盆の期間、菩提寺では棚経に各檀家を廻り、我が家へは十五日の早朝。

十三日からの朝・夕の供養膳。

**送り火・十六日の夕げの供膳**
ご飯
じゅんさいと根曲がり竹の汁もの
がんもどき・根曲がり竹・人参の煮物
きゅうり・若芽の酢の物胡麻かけ・菊のおひたし
ささげの煮豆
赤紫蘇寒天・胡桃豆腐・豆腐かすてら
きゅうり・瓜の粕漬け・みょうがのしば漬け
どれもお義母さんの大好きな物。
ゼンマイをもどしたり、ささげ豆を煮たり、胡桃豆腐を練ったり、
そんな作業も私には心地よい。
我が家のてんこ小豆・ささげ豆・黒豆・胡桃と畑の野菜。
親戚・友人からいただいた、干しゼンマイ・根曲がり竹の瓶詰め・
もち米・桃・ぶどう・すいか。

d0154344_23412123.jpg

昔なら八月に入ったら、お盆の準備が始まったらしい。
手間暇をかけた時代、それが供養に思う。

それぞれのお盆が終わった。
[PR]
by sakuraheart | 2010-08-17 23:52