オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

柿の渋抜き

干し柿をする季節、冬が近づいて来ると感じる。

子供の頃、母の田舎に行って雪に落ちた柿を食べた。
『あんまり食べれば、腹こわすや』と母。
何を根拠に『大丈夫だ』と私。
案の定、何度もトイレへ・・・。

今年は1週間遅れた“柿もぎ”
数日雨の為、柿むきも遅れてしまった。
こちらではどこの家でも、柿のれんが見れる。
各家のベランダ・軒下・小屋などに様々な吊るし方での柿のれん。
今年の平核無は豊作だか小ぶり。
d0154344_211312.jpg

d0154344_2113253.jpg


大和柿は去年の倍の大きさだが少ない。

d0154344_2114256.jpg


d0154344_21142281.jpg


そしてとても珍しい柿漬け用の、ピンポン玉くらいの大きさの柿。
d0154344_21152589.jpg


大根の柿漬け
柿の渋味が塩で甘味に変わり、自然の優しい甘さになる。
数日したら、食べ頃になる。

d0154344_21162130.jpg

平核無は5kを2箱程、渋抜き用にビニールに入れて準備をする。
渋が抜けた頃に届く様に、東京の息子へ送る。
もう1箱は妹へ。

すぐれもの=脱渋剤
数年前までは、ヘタに焼酎を付けての作業。
これを知ってからは、楽ちん・楽ちん!!
四方と中央に入れて、終わり!!
1週間~10日程で渋が抜ける。
d0154344_2117263.jpg

d0154344_21174815.jpg













今年の干し柿はどうだろうか?
胡桃と一緒に、刻んだ干し柿を入れたパンを作る。

楽しみ~!
[PR]
Commented by あびママ at 2010-11-04 15:39 x
さくらさん、今日も雨ですね~!

柿仕事出来ましたか~?

「干し柿」は、大変ですが美味しいものね~、
今年もたくさん剥きました、手、指が痛くて少々バテ気味です
momoさんにも少し手伝ってもらい、助かりました。
この雨は身体には優しい雨のようです・・・。

渋抜きは焼酎漬けでしましたが、こんな方法があるんですネ~!
「脱渋剤」って言うんですネ、ありがとうしっかりメモして憶えましたヨ。
来年はこれでしま~す。

「大根の柿漬け」って頂くだけですが、美味しくて大好きです~今年も楽しみなのですが、はたして届くかなあ~?
柿仕事でお疲れがでませんようにネ・・・。
Commented by harunoyokihi06 at 2010-11-04 17:59
お~さくらさんの新兵器!初めて知りました!
私も来年はこれでやってみよう。・・・・・というかわがやに柿はないけれどね。

柿漬け美味しいんですよね。
ちょっと干した大根で漬けてもおいしいんでしょう?
私も親戚のおばあちゃんが元気だったころいただいて食べました。
何とも言われぬ優しい甘さですよね。

秋は忙しいですね。
でもそのあとには美味しいたのしみ!お疲れ様!
Commented by さくら at 2010-11-06 06:28 x
>あびママさん!おはようございます。

雨が続いたりしてなかなか思うように・・出来ずにいました。
色々な吊る方があり、見ているだけで楽しいですね。
今年の大和柿は大きくて、干し柿にすると美味しいですね。

隣家にも、大きな柿の木がありました。
今年はその柿の木が切られていました。
そんな家がだんだん増えてきましたね。
何もなくなった場所はとても寂しそう。
Commented by さくら at 2010-11-06 06:41 x
>momoさん!おはようございます。
やつと終わりましたよ。
ブログにあびママさんの美味しい干し柿が、アップされていましたね。
とても美味しそうでした。
木に何個の柿がついているんでしょう?と思います。
後は、鳥さんのごちそうにしては食べきれない。
たわわに実った柿の木が沢山ありますね。
子供の頃は秋の柿がごちそう!
今は他に沢山あるから・・そのままになっている。

大根の柿漬け美味しいですよね。
大根のぶどう漬けも美味しいですよ。
momoさん作るかなぁ~?


Commented by さくら at 2010-11-06 20:40 x
>あびママさん!momoさんおばんです。

脱渋剤は、道の駅などで売っているはずです。
4本で260円位からですよ。
1本で4k程の柿の渋が抜けますので、1袋で16k程です。
自宅用には10個位をビニール袋に入れて、1本を割って、
ティッシュにくるんで袋に入れます。
1週間位で食べれますが、袋を開けてしばらくしてから。
みんな、コレに切り替えます。
簡単!がいい。柿むきがヘトヘトだからね。
by sakuraheart | 2010-11-03 21:39 | Comments(5)