オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

発酵文化万歳!!

発酵文化の薫る町横手。
発酵食品に共通しているのが、『麹』

d0154344_2127317.jpg

古くから良質のお米が収穫できた秋田そして、横手。
我が家の数軒先に看板のない麹屋さんがある。
明治創業以来、ずっと味噌を作り続けてる。
各家々で米・大豆などを持って行き、その家独自の配合の味噌を作ってもらう。
オーダーメイドの味噌。
麹をふんだんに使う甘味噌になる。
大豆1斗に対して、麹を3倍入れる3重麹は土地ならではの割合。
まだ、発酵していない生味噌を家々の桶に仕込んでいく。

雪深い秋田では保存食がかかせない。
麹は漬物に使ったり、魚を漬けたり色々な形で使われる。

麹を使ったがっこの代表的な物が“なた漬け”
ナタで大根を切って味を染みやすくした、大根の麹漬けである。
大根を塩漬けにして、麹に漬けて乳酸発酵させる。
麹にひたひたのお湯を入れて、炊飯器で3時間保温する。
絶対3時間。
3時間以上になると温度があがり過ぎて黒ずんでしまう。
たぶん麹としての役目を果たさなくなるのだろう?
塩漬けした大根にその麹を入れる。
各家庭によって、みりん・塩・砂糖などを加えたりが、我が家は麹の他に何も入れない。
麹とご飯からでてくる甘味で十分だと思う。


d0154344_21294025.jpg


秋茄子も麹を沢山入れて漬けて、冷凍保存する。
そうするとお正月にいただいても、中身は不思議な程真白。
今はこんな感じ!少しピンボケ・・・。
d0154344_21314890.jpg


漬けもの用の漬け床の寒麹も、沢山用意しておく。
炊いたご飯に麹を混ぜて、塩・砂糖などを入れる。
我が家では砂糖の量の半分を粗目に置き換える。
寒の入りに作ると一番良いとされる。

お正月のお酒のおつまみとして必ず作るもの鮭ずし
中辛の塩鮭を買い求める。
酢でひと晩漬けて、炊いたご飯に麹を混ぜる。
聖護院かぶ・人参・ふのり・刻み生姜などを入れ、
最後に笹の葉を敷いてゆっくり発酵させる。
お正月にレモン汁をかけて、山葵醤油でいただきます。

d0154344_21323571.jpg

d0154344_21585910.jpg

d0154344_2132589.jpg

[PR]
Commented by cypress at 2010-12-11 22:36 x
古くからこうじを使った発酵食品づくりが盛んな地域ですよね。
母も野菜を漬けたり、魚を漬けたりしていましたからね。

なた漬け美味しそうです。
甘酒にすると麹だけ十分甘いです。
そう言えば、寒い朝は甘酒もなた漬けも凍っていました。
それがまた美味しかったりして.....。

実家の味噌も甘味噌でした。
麹をふんだんに使っていたのかもしれません。
あぁ何もかも懐かしい。
Commented by あびママ at 2010-12-11 23:42 x

秋田県南地方の麹文化は素晴しいですヨネ~、
気候風土の郷土料理には知恵がいっぱいなので、いつも感心しています。

さくらさんも実にマメに手のかかる「雅香・がっこ」を作られますね。

本式「ナタ漬け」美味しそう~!
大根が美味しくなってきましたので、例の「あまえっこ」で簡単ナタ漬けを作りましょうか・・・。
今回も学ぶことがたくさん有りました、ありがとうで~す。
Commented by さくら at 2010-12-16 20:33 x
>cypressさん!おばんです。
懐かしいですかぁ~。
今はハタハタの最盛期ですよ。
新鮮なものだと“ぶりこ”も柔らかく美味しいものです。
昨日もハタハタの塩焼きにしょっつるを食べました。
せりも沢山入れて美味しいですねぇ。
柿の上にこんもり雪が積もった風景も素敵なものです。
今週は寒い日が続いていますが、
ちょっとした風景・美味しいものなどを見つけて
冬を楽しもうと・・・・。なんて!!
でも寒い・・・。
Commented by さくら at 2010-12-16 20:34 x
>あびママさん!おばんです。

今週は寒い日が続きますねぇ・・・。
我が家も麹がない時は、甘酒でなた漬けを作ります。
鮭すしの中に入れるかぶが大好きなんですよ。あれだけ選んで食べてます。

発酵食品の酒粕もすぐれもの。
具沢山野菜を入れて作ると、温まりますね。
これからは、そんな身体の中から温まるものが嬉しいですね。
熱燗の登場も増えました。あびママさんとこも同じ?

by sakuraheart | 2010-12-11 21:56 | Comments(4)