オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

義父の好きなおはぎ

雪垂・ゆきしずり
木の枝などに積もった雪。
そしてその雪がずり落ちる様も美しい。
まだまだ残された雪が沢山あるが、日々春に近付いている毎日。

d0154344_20574136.jpg


先日の土曜日に義父の百ヵ日を終えました。
亡くなってから、七日ごとに法要があり、故人が成仏できるように祈ります。
度ごとに近くの仕出し屋さんに頼んでいたのだが、毎回同じようだと
飽きてきてしまう。
ひとつの区切りの、四十九日と百ヵ日は自分で作る事にした。
椎茸に海老のすり身を詰めて、蒸し焼きにしたもの。
れんこんの素揚げ。
漬けておいた鮭すしに飾りは銀杏。
鱈の子ごぼう。
黒豆の煮物。
からすみとタコを入れたみぞれなます。
真鯛のお刺身。
真鯛と鯖のおすし。
里芋と海老に三つ葉のおすまし。

前日から下ごしらえしたものや、ゆっくり時間をかけて作った品々。

d0154344_20584461.jpg

d0154344_20592032.jpg

住職さん、妹、私達夫婦と4人でささやかながらの供養膳をした。
亡義父の色んな事・・・・。
ささやかな供養でもいいのだと思う。
住職さん曰く、
生前の義父の話をすることが、一番の供養をしているのだと。

義父とは毎日が色んな繰り返し・・・。
私が悪いのか?他の人ならうまくやれるのか?
布団をかぶって泣いた事もある。
義母を亡くしてから、日増しにやる気を失くしていった義父。
何度も同じ事を言わなきゃいけない状況に、
やるせなさを感じ、罵倒した事もある。
心がすり減っていくような気がする。
優しい自分がいなくなってしまう。
心と行いが添う事の難しさと感じる。
答えはない。
その時、その時が答えのようにも感じる。
でも亡くなった今、日々義母・義父の存在を感じる。



来月の月命日はちょうど、お彼岸。
義父の大好きなおはぎを沢山作ろう。
[PR]
by sakuraheart | 2011-02-28 21:10