オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

義父の好きなおはぎ

雪垂・ゆきしずり
木の枝などに積もった雪。
そしてその雪がずり落ちる様も美しい。
まだまだ残された雪が沢山あるが、日々春に近付いている毎日。

d0154344_20574136.jpg


先日の土曜日に義父の百ヵ日を終えました。
亡くなってから、七日ごとに法要があり、故人が成仏できるように祈ります。
度ごとに近くの仕出し屋さんに頼んでいたのだが、毎回同じようだと
飽きてきてしまう。
ひとつの区切りの、四十九日と百ヵ日は自分で作る事にした。
椎茸に海老のすり身を詰めて、蒸し焼きにしたもの。
れんこんの素揚げ。
漬けておいた鮭すしに飾りは銀杏。
鱈の子ごぼう。
黒豆の煮物。
からすみとタコを入れたみぞれなます。
真鯛のお刺身。
真鯛と鯖のおすし。
里芋と海老に三つ葉のおすまし。

前日から下ごしらえしたものや、ゆっくり時間をかけて作った品々。

d0154344_20584461.jpg

d0154344_20592032.jpg

住職さん、妹、私達夫婦と4人でささやかながらの供養膳をした。
亡義父の色んな事・・・・。
ささやかな供養でもいいのだと思う。
住職さん曰く、
生前の義父の話をすることが、一番の供養をしているのだと。

義父とは毎日が色んな繰り返し・・・。
私が悪いのか?他の人ならうまくやれるのか?
布団をかぶって泣いた事もある。
義母を亡くしてから、日増しにやる気を失くしていった義父。
何度も同じ事を言わなきゃいけない状況に、
やるせなさを感じ、罵倒した事もある。
心がすり減っていくような気がする。
優しい自分がいなくなってしまう。
心と行いが添う事の難しさと感じる。
答えはない。
その時、その時が答えのようにも感じる。
でも亡くなった今、日々義母・義父の存在を感じる。



来月の月命日はちょうど、お彼岸。
義父の大好きなおはぎを沢山作ろう。
[PR]
Commented by あびママ at 2011-02-28 22:16 x
一つひとつ心のこもった「特製さくら供養膳」ですね、
義父さまへ何よりのご供養と感心しています。
こんな風に出来るお嫁さんはいませんよ~!

生身の人間ですもの様々な事があったことでしょう、体調がよくない時には余計に・・・。
素直に伝わらずに悲しい思いをする時は、情けなく辛いことですヨネ・・・。
一生懸命だからこそなんだけれどね、でもイイことイイ思い出ばかりが浮かぶようになりますから~、
だから四十九日、百カ日があるのかしらネ~?

お彼岸にはさくらさんの「ぼた餅」たくさん作ってくださ~い、
義父さまにたっぷり頬ばっていただきましょう~。
Commented by harunoyokihi06 at 2011-03-01 11:05
やさしいさくらさんのお気持ちが十二分に伝わってきました。
わたしなんてその3分の一もやれていないのです。

伴侶をなくすことは大変なダメージでしょうね。
特に男性はその状況に弱いとよく耳にします。

天国のお義父様 こんな素晴らしいお料理で供養してくださっている
さくらさんに感謝していると思います。
鯛のおすし、プロですね。

>心と行いが添う事の難しさと感じる。
答えはない。
その時、その時が答えのようにも感じる。

その時はそれが精いっぱいなのです。
生身の人間だからそれでよかったのだと思います。
Commented at 2011-03-01 21:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by さと at 2011-03-02 18:27 x
こんばんは~☆

さくらさん・・「その時」の涙、苦しかった心がさくらさんの
優しさなのですね。

心のこもった供養はしっかりとお義父さまに届いてますよ。
Commented by さくら at 2011-03-04 15:03 x
>あびママさん!こんにちは。

四十九日までは、この世にいると言いますよね。
義父さんの部屋を開けると、そこにまだいるように思いますよ。
普段はニコニコして穏やかな人でした。
食べる事が大好きで、焼きたてパンも喜んで食べていました。
畑仕事が大好きでしたが、昨年は一切できなくなっていたので、
それが一番残念だったのではと思います。
いい時も、そうでない時もありました。
おはぎは大好きなので、沢山作りましょう。
あびママさんは季節によって、おはぎ・ぼた餅と呼び方変えてますか?
こしあん、つぶあんによっても違うとか?
Commented by さくら at 2011-03-04 15:06 x
>momoさん!こんにちは。
momoさんの献身的なお母さんへのお世話。
いつもすごいなぁ~と感心しています。
お母さんは幸せでしょうね。

>伴侶をなくすことは大変なダメージでしょうね。
本当にそう思います。
義母さんが亡くなって、1年ごとに変わって行きましたね。
生前は二人とも口げんかばかりでしたが・・・。
私も主人を見てそう思いますよ。
『絶対!この人ひとりおいて逝けない』

こう言ってくれた人もいました。
『きちんとご飯を作ってればそれでいいんだよ』と。
その気持ちさえなくなってしまうものだよと。
こうだ=決まったものがないだけに難しいですね。
Commented by さくら at 2011-03-04 15:11 x
>さとさん!こんにちは。
本当に亡くなってしまうと、あぁ~してあげれば良かったと
思う事が沢山あります。
一番思うのは、もっと会話をしてあげれば・・・と。
大好きなおはぎを、沢山作ってお供えしてあげよう!!

Commented by さくら at 2011-03-04 15:28 x
>鍵コメさん!
後悔する事は沢山ありますよ。
もっと優しい言葉をかけてあげれば良かった・・・と
そう思います。
人それぞれの思いがあるのだろうと思います。
優しい自分がいたり、いやな自分がいたり、
毎日がその繰り返しでした。
たぶん皆さんがそう思う事なんでしょうか?

また遊びに来て下さい。
by sakuraheart | 2011-02-28 21:10 | Comments(8)