オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

まもなく1週間

東日本大震災から、まもなく1週間になろうとしている。
地震当日、お世話になっている方の誕生日の花束をと、
いつもお願いしているお花屋さんへ出かけていた。
サッシがガタガタと・・・、あれ?と閉め直してもガタガタ・・・と。
グラグラ・グラグラ・・と地震。
戸外へでてしばらくおさまるのを待ちました。
28年前秋田沖地震を経験している私でさえ感じる、今までない地震。
車で自宅へ戻るも信号は点かないままの不安な運転。
そして停電・翌日からは断水となりました。
反射式ストーブ・スタンド式懐中電灯・ラジオ。
電池・ホッカロンなどの買い置きもありました。

電気が普及してから、初めてテレビでの情報。
あまりの悲惨さに涙がでるばかり。

************************

15日に宮城県大崎市に救援物資を届けるとの情報があり、
昨年亡くなった義父の紙おむつ・下着などが沢山あったので
届ける事にしました。
大崎市と横手市とは発酵まちづくりネットワークの一員。
大崎市は大きな被害を受けた南三陸町からの、約500人の避難住民を受け入れている。
沢山の物資を積んだトラックは、午後には大崎市に到着したとの事。

************************

十文字道の駅の社長さんも、岩手に支援物資を積んで息子さんと行かれた。
翌日にその話を聞き、その行動力に頭が下がります。
次回行かれる時は、私達も協力しようと話をしました。

************************

私に何ができるだろうか?
改めて、自分の生活を見直してみた。
当たり前のように、水道・ガス・電気を使い、その便利さに麻痺してしまい
それが途切れてしまう、なくなってしまうなんて考えていなかった。
小さい頃の生活をもう一度思いかえしてみよう。
不便だった?いやそれが当たり前だった。

************************

東北電力でも計画停電が実施と新聞全面にその地域が公表された。
そのために準備もした人もいただろう。
結果中止。
それで良かったか?悪かった?は人それぞれかもしれない。
計画停電が、買いだめを挑発しているようにも思える。
スーパーで買いだめしようとする行列。
私には異様にみえた。
自転車の前かご・後ろ・両側と沢山のトイレットペーパーを
買いだめしていたおじいちゃん。
自分さえよければいいと考えている・・・おじいちゃん。
情けなくなりました。
家族は喜ぶのでしょうか?

************************

ガソリンが心配・・。あっちこっちのガソリンスタンドでは行列。
これも市内のみで、そして給油量は制限。
今日はそれさえもない現状。
ガソリンスタンドはロープがはられ、
『ガソリンありません!!』と段ボール紙に書かれ貼られている。
でも被災地のガソリン不足はもっと切実な問題。

私達・私に何が出来るだろうか?

************************

さとさん!無事で良かったぁ~。
そして頑張れ!!
[PR]
by sakuraheart | 2011-03-17 13:44 | Comments(0)