オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

黒豆あんのおはぎ

お彼岸。
『寒さ暑さも彼岸まで』なんて今年は例外。
まだまだお墓には雪が積もっていて行けないところもある。

黒豆あんのおはぎ
d0154344_143375.jpg


我が家では、春・秋にかかわらず『おはぎ』と言う。

おはぎの大好きな義父。
朝ごはんの後に、お昼と翌日と2日続けて食べていたおはぎ。
いつも作る分量は決まっていた。
ずっとかねづか・はるこさんのおはぎのレシピ。
300gのもち米を420gの水とひとつまみの塩で炊く・・・。
300gの大豆にグラニュー糖もしくはきび砂糖300gでつぶあんを作る。
小豆の美味しい煮方は?と聞かれたら、
きちんと煮流しをして、火加減に注意して、
砂糖は2回に分けて入れて、最後に塩をひとつまみ。
へらでゆっくり・・・と煉りあげる。
煉ると小豆は艶々になる。
そうして18個のおはぎを作る。
義父が亡くなった今、さすがにこの分量では多すぎる。
停電の時、ストーブでコトコトと黒豆を煮た。
半分をあんこにして、少し黒豆煮も入れてあんこを作った。

仏壇のお膳と一緒にお供えした。
“ほう~黒豆も、こうすればあんこなるごで~。うめものだなぁ~”
と義母の声が聞こえるような気がした。
義父はその横で、黙々と食べているだろう・・・。

黒豆あんをあんぱんのように入れて“黒豆ぱん”
2週間ぶりにミルでカリカリ・・・と。
珈琲豆の香ばしい香りが漂い、ホッと落ち着く。
d0154344_1474189.jpg

d0154344_14112427.jpg




コーヒーカップの絵皿は満開の桜。
来月には、秋田も満開の桜。


願うばかりです。
彷徨う魂のない事を・・・。
一日も早く家族の元に戻れますように・・・。
[PR]
by sakuraheart | 2011-03-22 14:25