オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

秋田の野菜が東京へ行く

旬を育てる・旬を味わう。
d0154344_19444940.jpg


藤田智先生 秋田県出身。
NHKテレビの『趣味の園芸』の講師をされ、野菜作りの色んな著書も出されている。
本の中には、野菜の種類の他・レシピなども記載されてる本もある。
私は基本の野菜作り・病気・害虫などはこれで勉強。

畑の先生、さくら畑の隣人N子さん
新しい野菜コールラビ・チョロギなども育てている。
『趣味で作ってらだー・花っこもきれいだしな』
『あるが?けるが?』と言って、
我が家で作っていない野菜を分けてくれる。
先日も新鮮きゃべつを分けてくれた。
春きゃべつは虫がつきやすく、我が家では作らない。
さっそく浅漬けにする。
柔らかくて、とても美味しかった。

りんご園と自宅で食べる分の、野菜を作っているSさん。
とても詳しく教えてくれるSさん。
トマト・きゅうりも秋近くまで収穫し、
サニーレタスなどの葉物も上手に育てられる。
『なんもだ!!おらだばりんごしか作れにゃだ』と。
毎年りんごの花の写真を撮らせてもらっている。

さくら畑を初めて3年目
畑起こしや草取りは主人にも手伝ってもらうが、後はひとりで畑しごとをする。
近くの豚舎の肥料を使い、安全な野菜を作る。

義父がなくなってから、草取りが本当に大変になった。
ちょっと暇を見つけては、草取りをしてくれていた義父。
夕方、さくら畑をまわりながらの作業はとても楽しい。
毎日が発見!!
ズッキーニがこんなに実をつけている。
さやえんどうも沢山の実をつけている。
とうもろこしもベビーコーンが採れるようになり、
ひとつひとつが昨日と違い楽しい。
雨などが降った後は、特に野菜の成長は大きい。
今年は高温・突風・大雨と大変だ。
雨の後は虫がつきやすく、さやいんげんなどは大収穫なのだが、その分虫にも食われている。
もちろん農薬などは一切使用していないので安全。

ただひたすら虫付きいんげんを捨てるのみ・・・この作業しかない。
ただひたすら『おいしくな~れ』と草むしり。

d0154344_19472643.jpg

d0154344_19474938.jpg

とても新鮮ないんげん。甘い~甘い~いんげん。

d0154344_19481418.jpg

花付ききゅうりは新鮮な証拠。

d0154344_19485341.jpg

絹のようなひげ・この幼いひげが茶色になり、収穫時期を迎える。
間引きしたヤングコーンは指程の大きさ。
でもとうもろこしの小さい小さい赤ちゃんがホラ!もう出来ている。
このヤングコーンの天ぷらはとてもとても美味しい。

秋田の露地野菜が東京に行きます。 
安心・安全で新鮮な野菜を食べて下さい。
[PR]
by sakuraheart | 2011-07-14 20:05