オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

いつかはイングリッシュ・マフィン

朝夕はとても涼しくなってきて、秋の虫の声も聞こえてくる。
畑の中でも秋を見つける。
里芋の葉に朝露が見え始めた。
d0154344_1392517.jpg

今年は大雨・強風などの為とうもろこしが今ひとつ。
5月15日にとうもろこし(味来)を、お盆頃と末に収穫が出来るようにと、
ずらして種蒔きをしていた。

d0154344_13105013.jpg

種蒔き1週間後にはこんな感じ!!

第1弾のとうもろこしは形も粒も実入りも悪く細く小さいのが20本程度。
第2弾はまぁまぁ~の出来きで20本程で収穫終了。
80日程かけて、まるまる太ったとうもろこしの収穫。
d0154344_13114994.jpg

つやつやのコーン・・・
d0154344_13241030.jpg

まだまだ程遠いさくら畑のとうもろこしでコーングリッツを作り、
イングリッシュマフィンを作る。
とうもろこしは1度に5本程のもぎ採り。
3本は湯がいて、仏壇に供え後は主人の胃袋の中。
2本は調理などに使う。
カレーに入れたり、かき揚げにしたりと色々な惣菜へ変身!!
とうもろこしをそのままの状態にしておくと、
あっという間に水分が抜けて、味が落ちる。
そぎ切りにしてタッパーなどに入れて冷蔵庫に入れる。
冷えているので、サクサクのかき揚げができる。

とうもろこしと枝豆のかき揚げ。
d0154344_13125224.jpg

d0154344_13131520.jpg

しゅうまいの中にとうもろこしを入れて、上に枝豆を飾る。
蒸したてのとうもろこしの甘さはたまらない・・・。
d0154344_13134772.jpg


枝豆はまぁ~まぁ~の出来ばえ。
早生枝豆は作りやすく、平均3つ程の実入りで毎年楽しみにしてくれる人もいる。
私が野菜をおすそわけし、根曲がりたけの瓶詰めやぜんまいなどの山菜を分けてくれる。

彼女がさくら畑の野菜たちを褒めてくれた。
野菜たちを褒める=畑作りの大変さをねぎらう。
なんだか嬉しくなり、また頑張ろうと元気がでてくる。
[PR]
by sakuraheart | 2011-08-29 13:31