オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

独活と蕗

d0154344_11235590.jpg

隣の田んぼも耕し始めた。
蕎麦畑と大豆畑は田んぼになるようだ。
大好きなこの風景は草木がより一層濃く、
なんだか春の始まりを感じる。

嬉しい忙しい!楽しい日々がやってきた!
畑は私の癒しの場所。
今年はどんな野菜を作ろうか?雪溶け頃からそんな事をあれこれ考えるのも
楽しい時間。
秋田は春の作業も遅く、桜の咲く頃から種蒔きや苗作りが始まる。
GWなどでもまれに霜が降りる事がある。
昔からの言い伝え『畑のものわー桜さいだらー植えるべやー』
無理して野菜種を植えても土の温度が上がらずに発芽できない。
d0154344_11255229.jpg

前もって発砲スチロールの中で種まきをし、
ビニールなどを被せて発芽させる野菜種もある。
こちらは昨年種とりをした細いトマトの芽。
やっと芽を出してくれた。

d0154344_11262521.jpg

d0154344_11265254.jpg

早生枝豆はこんなかわいい頭を出し始めた。
成長が早い方は蝶々のようにも見える。
実つきが良くてちょうどお盆前には食べられて、
楽しみに待っていてくれる人もいる。
湯上り娘に秘伝と黒豆は直まきにする。

今年は雑草いらない派のマルチ栽培に徹底した。
仕事もしている為、畑にいる時間が限られている。
癒しの時間がストレスになる事もある為、極力草取りはしたくない。
どうしても畑の回りは草取りをしなくちゃならないので、
後は畝をマルチで覆って草取りは省きたい。
マルチの良いところもうひとつ。
地温を上げて土の水分を適度に保つ効果があり、マルチの中の土はホカホカ。

籾殻を混ぜた完熟堆肥はほとんど匂いがしない。
これに米ぬかを混ぜる。
この米ぬかがえらい!!
漬けものだって出来るし、秋田名産“ハタハタの糠漬け”にも、
堆肥に混ぜると野菜が甘くなるよ!と
教えてもらい昨年から追肥として使っている。
この米ぬかには野菜が育つのに必要な栄養が沢山あるらしい。
何よりも安全な有機肥料が一番。
これにプラスしてヨモギ発酵液とハーブ発酵液を作る予定。
ヨモギは摘んで、黒砂糖を混ぜてある。
1週間程したら、濃い液体が底に溜まり始めるだろう。
液体はペットボトルに入れて緩めて蓋をして保存しておく。
水で少量の発酵液を入れて、野菜に与える。
ハーブなども虫が嫌うため、とても良い野菜カンフル剤になる。
発酵液を作らなくても、ハーブなどを摘んで水につけておく。
その水をジョーロに入れて野菜に与えるだけでもOK。
これは畑の師匠に教えてもらったコツ。

d0154344_11273391.jpg

d0154344_1134338.jpg

うどと蕗を少し収穫する。
何故がうどとニシンが合う。今だけの出会いもの。
うどを煮たお汁を少し甘めにして鰊を煮るのが我が家流。
うど皮のきんぴらも美味しいし、
うどの芽の方を天ぷらにいただくのも美味しい。

d0154344_11294721.jpg


この蕗の鮮やかな色も好き。
ひじきを合わせて常備菜にする。
こんなおかずが身体に優しい。
[PR]
by sakuraheart | 2012-05-10 11:43