オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

ドライアイスで・・・

おもしろい本と出会った。
私たちはどちらも本が大好き。
ジャンルが違う場合もあるが感動した本はお互いに読んで、想いを言い合う。
私が買い求めたのは、『植物はすごい』田中修著
主人が買い求めたのは、『ニュースキャスター』大越健介著

興味深い内容で一気に読み終えた。
私のこの本は主人にはつまらないだろう。
内容を話しても、ふ~ん・・・・空耳・・・?
そんな時、知人より“渋抜きした柿”をお土産にいただいた。

ドライアイスで渋抜きした柿。
あぁ・・・本に書いてた通りだぁ~。

『渋柿が、渋を抜かれて、甘みが増すわけではありません。
また渋みの成分であるタンニンがなくなるわけではありません。
渋みが感じられなくなり、渋みのために隠されていた甘みが目立つようになるだけです。
タンニンを不溶性にする物質が“アセトアルデフド”という物質です』

柿の実も生きています。
ビニール袋に入れて密封させて、
アルコールや焼酎を吸った柿はアセトアルデヒトを発生し渋が抜ける。
だからドライアイスもOKな訳です。
渋柿の皮を剝いて干すと果肉の表面が堅くぶあつくなります。
空気が柿の内部に入らないので、呼吸困難になり甘くなる。

d0154344_10222718.jpg

d0154344_10205499.jpg



この内容を読んだ時、
今年はドライアイスを使ってやってみようと思ったばかりだったから、
ひとり感動してしまった。
興味のない主人にはこれもふ~ん・・・なのだ。

先人の知恵・・改めてすごいなぁ。。。とひとり感心。

干し柿用にと柿を沢山いただいたので、また美味しい干し柿入りのパンが作れそう。
この寒さがおいしくな~れ。
[PR]
by sakuraheart | 2012-12-03 10:26