オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

昨日のカレー・明日のパン

『昨夜のカレー、明日のパン』
待ちに待ったドラマが放映される。
本を購入する時、タイトルと著者と装丁がとても気になる。
タイトルが気に入って、著者“木皿泉”を見て購入した本。

暮らしの中のほんわかとした癒しが明日へと繋がっていく。
特別な盛り上がりがある物語ではないけれど、
ゆっくりでいいんだ・・・と思わせてくれる。

そして最後になるほどね・・・と、
ひとりニンマリしてしまいました。

10月にドラマ放映・・・とても楽しみに、楽しみにしていた。
ギフは誰だろう?
私の中では國村隼になっているのだけれど。
そしてドラマを見終わったらもう一度読んで見よう。
またあの時とは違うだろう。
とても楽しみにしている。
まずは録画してゆっくりと見よう。

同じように楽しませてもらった『舟を編む』
こちらも同じ理由で購入した本。
新辞書“大渡海”を編集する馬締光也とその編集部の人々の姿を描いた本。
毎日、毎日同じことの繰り返し。
でもその繰り返しの積み重ねで辞書が出来ていく。
映画で馬締光也役は松田龍平 ・・・ビンゴ!!
とてもおもしかった。
そしてまた本を読むと・・・映画のスクリーンの様になる。
d0154344_15483837.jpg

[PR]
Commented by hanamomo06 at 2014-10-06 20:59
さくらさん、こんばんは。
面白かったですね!私もとっても楽しみでした。
高山なおみさんの料理も見所ですね。
先日のBSコンシェルジュに高山さんも出ておりましたね。
夜中にギフト一緒に蒸したてのシュウマイを食べながら飲むビール、朝ごはんの焼きたてのぼだっこ・・・・・みんなおいしそうでした。

舟を編む・・・・録画していてまだ見ていません。
この本は持っていません。
三浦しおんさんの本は読んでいるのにこれはまだなのです。
第2話が楽しみですね。
寒くなりました、どうぞお元気でね!
Commented by さくら at 2014-10-12 16:17 x
>momoさん
面白かったですね。
今でいい。このままでいい。
無理して前に進む必要もない。
その時が来たら、心も身体も前を見るんだろう。
料理でその時の心情を伝える
言葉で発するより、視聴者は色々感じますね。
2話も録画してゆっくり観ます。

“舟を編む”面白いです。
本で読んで、映画やドラマならどうするんだろうと思いました。
だから松田龍平がまさにぴったしだし、
いい加減の良さのオダギリジョーも良い味を出していました。

こんな素敵な本に出会えると幸せですね。
秋の夜長は読書と思うのですが、
眠気の方が勝ってしまいます。
by sakuraheart | 2014-10-05 23:31 | Comments(2)