オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

いつか行きたい浪板

4年前の3月11日、お世話になっている方への誕生日のお花を受け取りに、
早く仕事を終えてお花屋さんにいた。
お花屋さんの奥さんと話し込んでいたら、お店一面のガラス戸がガタガタと、
止む気配がなく激しくガタガタと鳴り出した。
花の出し入れしていたご主人が“早く外さでれ!”
奥さんと手を取り合って外にでて車にしがみ付いた。
帰りの信号は止まっている。
左右確認しながら、不安のまま家路に着いた。
テレビもつかず、停電になっていた。
水道の出が悪い・・・もしかしら止まるかもしれない。
バケツ・鍋に水を溜めておく。
まだ外には沢山の雪があった為、鍋に雪を入れて洗い物などに使える。
その年は大雪の為、車庫の屋根の雪が解けずに電線にかかり、
反射式のストーブを購入していた。
ストーブの上で、
ベーコン・ジャガイモ・人参・キャベツなどでポトフを作る事が出来た。
コタツの中には日本酒の瓶に熱湯を入れて靴下の中に入れた物を何本が入れた。
後から聞いたら、車の中で暖をとった近所の人がいた。

東日本震災発生時、岩手県大槌町浪板観光ホテルで、
観劇中だった五城目・井川町の老人クラブのお年寄り43人が高台に誘導され避難された。
誘導された社長・従業員の方が死亡や行方不明のまま。
その時の事が、こちらの新聞に何度も掲載されていた。
あの時不安のまま・・・自分がどうしてしまったのか記憶もないまま・・・
今だ行方不明の方が2584人。
彷徨ったままなのかと思うと胸が詰まる。

浪板観光ホテルは三陸花ホテルはまざくと名称を変えて、営業再開されて
その従業員(五城目町出身)の方が宿泊客に体験を伝えていると新聞に書かれていた。

私は高校卒業の翌年、東京の信用金庫に就職した友人が帰省した際、
秋田・岩手・福島と私の中古の車で旅行した。
初めて三陸海岸。
松林の先に白いキラキラした砂が目に映った。
友人と車を降りその海岸を歩いた。そこが“浪板”だった。
またいつか行きたいと思った“浪板”
[PR]
Commented at 2015-03-15 21:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakuraheart at 2015-03-17 15:07
>鍵さんへ
そうだったのですね。
家でもだいぶ遅く帰宅しました。
色々な考え方が変わりましたね。
普通にいる。普通である事が幸せだと改めて気づかされました。
老人クラブの記事は何度なく書かれていましたね。
先日、伝える事が大切だとそんな内容が書かれていました。
あれから4年・・・なのだけど、まだ4年です。
震災の翌年、私が属してグループで陸前高田に行きました。
言葉が出ませんでした。
デジカメを持って行った自分がとても恥ずかしかったです。
何も映す事ができませでした。
その日は改めて色んな事を思い出しました。
by sakuraheart | 2015-03-12 17:36 | Comments(2)