オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

何も出来ない

彼女が若年認知症になってしまった。
数か月ぶりに見る彼女は別人になっていた。
誰かと勘違いしているのか?
ほとんど入っていない袋菓子を手渡された。
彼女ならのおもてなし。
何の会話も出来ない自分に、腹立だしさを感じた。
今もその事が頭の中で思い出される。
一時もじっとしていない彼女。
動き回っては彼の横に座り、また動き回る。
彼女が寝入った時だけ少しホット出来ると言う。

それから数か月後、彼女は施設に入居したと聞いた。

よく思い巡らせば、あれ?と思う事があった。
いつも穏やかで、物静かな人なのだけれど、
テンションが高く子供みたいな、会話をするようになっていた。
とても綺麗好きな彼女が片づけもしなくなっていた。
あの時、もう脳が委縮し始めていたと聞く。
何も出来ない。

涙がこぼれてきた。
[PR]
Commented by hanamomo06 at 2015-04-05 22:06
こんばんは。
身近な方のそういうことは悲しいですね。
私も言葉を失ってしまうと思います。
やっぱりサインがあったのですね。
Commented by sakuraheart at 2015-04-07 14:12
>家族ぐるみの付き合いがありました。
穏やかな彼女で休日も旦那様と、
一緒にランチに出かけたりしていました。
いつも一緒なので、
ひとりの時間を楽しみたいなんて思わないのかなぁ・・・?
私なんて、たまにはひとりなりたい。
時間を気にしないで友達とおしゃべりしたい。なんて思うけど。

認知症とは少し違うかもしれないけれど、
ラジオでこんなことを話されていました。
仕事・趣味・ボランティアがあると生き生きとした生活と
長生きができるそうです。
仕事仲間の方々は仕事をして、茶道・着付け・バレーボールなどを趣味して、
地域の活動をしています。
みんなとても元気で、私の見習うべき先輩方々です。
by sakuraheart | 2015-04-05 17:49 | Comments(2)