オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

芋の子ごはん


女子栄養大学名誉教授の松本仲子さんは、
ひとつひとつの料理の手順が美味しさと食感にどんな影響を与えるのかを、
50年以上研究してきました。
手順を持つ意味を知れば失敗も防げます。
『昔ながらの手順でなければ本当に美味しいものが作れないか、と言う疑問からきた
研究の出発点だった』と振り返ります。  
料理法それぞれおいしさの出し方がある。
こうしなければならないと決めつけてほしくない。
それは手抜きではない。            新聞より抜粋

そして下茹でなしの里芋の煮物のレシピが記載されていた。

d0154344_16484115.jpg

d0154344_1649666.jpg

他の芋類に比べて、カロリー少なく女性の味方カリウムも多く、
免疫力を高める優れた野菜。

里芋は皮を剥いて、水に入れるとドロドロとしてくる。
下茹でにして煮なおすと、そのせっかくの美味しさが半減する。
そのドロドロ感が嫌な人はサッと洗えば良い。
私は時間なくてレンジを使う時も、そのまま味噌汁などに入れる。


里芋の今期の収穫も終了した。
雨が少ない割に大きい芋もあり上出来だと思う。
里芋の子芋・孫芋を使う為、
下茹でなどしなくてもあっという間に柔らかくなる。

形の悪い芋はサイコロ状に切って納豆汁用に冷凍する。
煮物用も冷凍する。
d0154344_171290.jpg

ずっと気になっていたeveさんのブログ。
芋の子ごはんを作ってみた。
帆立と昆布だしを使いオイシイご飯が炊けた。

 
[PR]
by sakuraheart | 2015-11-11 17:12 | Comments(0)