オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

春夏秋冬の恵み=納豆汁

d0154344_1555316.jpg

真っ白な何も足跡がない。
d0154344_15554631.jpg

窓を開けると、雪の花(紅葉の木に咲いた)

朝から全国の大雪情報
いつも聴いている朝ラジオの投稿メールで、雪の情報がされていた。
バケツに氷が張っていてびっくりした・・・
水が出なくて困ってしまった・・・少ししたら出てきた・・・
急に寒くなり、雪が積もりだしたら、
慣れないと戸惑ってしまうだろう。
d0154344_1556566.jpg

あの雪の下は畑。

d0154344_155652100.jpg

d0154344_1557453.jpg


やはりこの材料が揃わないと“納豆汁”は成り立たない。
春にあのわらび山から採ってきた少し短いものを塩漬けにする。
日付を見ると、5月10日に収穫したものになっていた。
前日から塩だしをしておく。
秋に山で採れたきのこ“さわもだし”も水にさらして、塩出しをする。
畑から収穫して保存しておいた里芋とネギ。
家では形の小さい物などを切って冷凍するが、そのままで保存した最後の里芋。
後は豆腐・油揚げ・粒納豆は買い求める。
d0154344_15574785.jpg

まずは、里芋を細かく角切りして水と鍋に入れて煮る。
同じく切ったわらび・さわもだし・豆腐・油揚げを入れて味噌を入れる。
すり鉢でつぶした納豆を入れて、ひと煮たちさせる。
納豆を入れた後はあまり煮立たせない。薬味のネギを入れ七味を振りいただく。
そして、各家々の納豆汁になる。
昔から、納豆をすりつぶす仕事は夫だったり、子供の仕事。
近年では納豆汁の元、味噌まで入っているものも販売されている。

雪仕事の後には身体の芯まで冷える。
そんな時にもいただく納豆汁。
d0154344_15581810.jpg

春夏秋冬の恵みがないと美味しい“納豆汁”が出来ない。
[PR]
Commented by sabawodasiniiku at 2016-01-24 17:12
はぁ ため息が出るような綺麗な雪景色です
暮らしている方々は大変な思いをされていると思います
けれど、思ってしまいます綺麗〜(許してくださいネ)

春夏秋冬の恵み=納豆汁!
わらび、さわもだし、里芋、ねぎ、豆腐、
油揚げ、粒納豆を入れるのですね
同じものは手に入らないけれど、是非作ってみたくなりました

わらび山も見せてもらいました(#^.^#)
鳥海山が見えることもあるのですね
鳥海山 実際に見てみたいなぁ〜とずっと思っていました
イワシ花、可愛いお花ですね
名前の由来も利用法も大変興味深く見せていただきました
また、こちらへ遊びに来るのがとっても楽しみです(#^.^#)


Commented by sakuraheart at 2016-01-26 15:52
>デコポンさん
そちらも雪が積もったようですね。
不便はなかったですか?
同じ秋田でも、私の実家の方はあまり積雪がなく風が強いだけなのですが、
横手は半端なく雪の量が多いです。
だからこその経験出来る事もあります。
新雪は片栗粉を踏んだように、きゅきゅっと鳴きます。

木の枝に積もった雪がずり落ちる様は雪垂(ゆきしずり)
木の枝に積もった重みで折れる様は雪折れ。
木の枝を厚く包んだ雪の様はふすま雪。
沢山の言葉があり、そんな様子を窓から見るもの雪国ならです。
朝一番風除室に、“雪の結晶”が出来ていたり、
動物の足跡が家の横にあり、ずっと遠くに“キツネ”がいたりと・・・。
そんな楽しみを見つけながら、寒さで鼻が出ている事も当たり前。

by sakuraheart | 2016-01-24 16:00 | Comments(2)