オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

ゲゲゲのぼたもち

お彼岸を終えました。
いつものように、エゴを作り、雷寒天も作り、
山の恵みの天然舞茸・ミズなどで煮物を作りました。

d0154344_19161479.jpg

お彼岸の赤飯。

お彼岸は小豆を煮るのから始まる。
きび砂糖と白砂糖半々を入れて、最後に塩をひとつまみ。
自分なりの加減があり、この位からかなぁ・・・と、
その後5分、木べらで潰しながら練る。
今年は、彼岸入りはだんご、中日は赤飯。明けはおはぎにした。
明けのおはぎは、半分を青黄な粉にしてみた。

私は3合の餅米にひとつまみの塩を入れて炊く。
半殺して、小さく丸めて15個作る。
あんこが塗されるものは小さく、黄な粉はそれより少し大きい。
我が家は粒あんだが、少し潰れているところがあるのが好み
義父はおはぎが大好きで、
朝ご飯、お茶の時間・お昼と楽しみしながらおはぎを食べていた。
d0154344_19133517.jpg

ゲゲゲのぼたもち。
ゲゲゲの鬼太郎の水木しげるさんはぼたもちが好き。
編集者の人がお土産にぼたもちを持ってくると、まずは1個食べてから、
対応していたと娘さんが話をしていた。
何点?と聞くと70点!

しかし、奥様のおはぎは79点!奥様は笑いながら“高得点でしょ”と。
貧しかった頃、お彼岸に実家から必ず届いたのがお米と小豆。
奥様のレシピは餅米3・うるち米1。
55年近く作り続けられてきたぼたもち。
毎日午後3時半にはお茶の時間。
水木しげるさんの横には、弟さん・娘さん・スタッフと奥様。
抹茶を点て、ぼたもちをいただく。
お父ちゃん美味しい?と娘さんが問いかけると、
『ぼたもちに酔っているから、的確な表現ができん!』水木しげるさん。
一心不乱に書き続けても、大病せずにここまでこれたのは、先祖様・両親のおかげです。
と奥様が話されていた。
昨年、93歳で水木しげるさんは天命を召された。
このお彼岸に戻って来られ、奥様の美味しい“ぼたもち”をいただいた事でしょう。

土産団子も持っていかれたでしょう。





閻魔様にお土産を持って帰る。

彼岸明けに土産団子を作りお供えする。
団子を作り、その上に片栗粉を振りかける。
その地域により、串団子が供えされるところもあるそうです。
同じ場所でも少しずつ違う風習。
でもご先祖様を思う気持ちは変わらない。
[PR]
Commented by hanamomo08 at 2016-03-26 21:14
さくらさんのおはぎ美味しそうです。
団子もお赤飯も、そしておはぎ・・・・・母もこうして入り、中日、明けと何かしら作って供えておりました。
お赤飯も小豆で作られたのですね。
上品な色合いです。

お彼岸に作らなかったので、そのうち作ってと母にたのまれています。

土産団子・・・・子どものころはだんごといわず「だんし」と言っていました。
こんな言葉があったのですね。
片栗粉を振り掛けるのも何か意味があるのでしょうね?
私はだんごやおはぎなど口にしなかった父に毎年供えております。
父は苦笑いしていると思います。

Commented by sakuraheart at 2016-03-26 22:12
>momoさん
義父は甘い物・・特におはぎは大好きでした。
15個出来るわけなので、2個はお供え用にします。
もちろんおすそ分けをしますが、後は一日楽しんで食べていました。
そんな嬉しい顔は忘れられません。
ゲゲゲのぼたもちをグレーテルのかまどで見た時に、
あぁ・・・義父みたいと思いました。
義母に煮豆の番をさせられて、
ただ、ガスレンジの前に椅子で座っているだけど。
その後、ご褒美をもらっていました。
土産団子(土産だんし)は仕事仲間さんが話をしていました。
お盆にも同じように明けにするそうです。
実家でもされているそうですよ。

momoさんのおはぎが美味しいそうでしたよ。
種類もあるし、漉し餡は時間もかかるでしょう。
砂糖がまだ入らない豆の煮えた香りが好きです。

なごり雪が降りましたね。
今年最後の雪でしょうね。
明日はひろっこ堀りでもしようかなぁと思います。
by sakuraheart | 2016-03-26 19:32 | Comments(2)