オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

餃子作りは奥が深い

d0154344_8352642.jpg


餃子の為に、大小の皿を知人に作ってもらっていた。
大皿2枚・タレ皿15枚程ある。
この皿には、大きな丸を三つ描いてもらっている。
太陽・月・自分たちと言う意味。
月日が経ち、タレ皿は数枚欠けてしまった。
大皿も1枚は少し欠けてしまっている。

餃子があまり得意ではなかった私が、
畑のニラの消費に困り、餃子にたどり着いた。
“餃子はいけてないね”
そんな言葉を子供から言われ、もう作らん!!と思ったのは昔の話。
dancyu餃子特集で教わり、
餃子の王様ことパラダイス山元さんの『まんぎょえん』に魅了された。
d0154344_8315195.jpg

肉の方に調味液を入れて、白くなるまで混ぜ合わせてから、
野菜と軽く合わせて作る。
羽根の付け方も色々あると思うが、餃子を包んで少量の小麦粉の上に置く。
粉がついたまま、フライパンに並べ、お湯を入れてから火をつけて焼く。
我が家では7分~8分で焼き、胡麻油を回り入れて1分半と決めている。
そして、チョンジャンたれ、にんにく醤油など色々にして食べる。
明太子や高菜漬けやザーサイなどを入れても美味しい。
チョンジャンたれは手作りしている。
赤みそにコチジャンを混ぜて、酢・砂糖・ごま油・手作り胡麻を入れて出来る。

餃子作りは奥が深い。
[PR]
Commented by nekosuke0622 at 2016-04-03 11:43
nekosukeです。お料理、凄いですね‼︎こだわりも凄い‼︎
餃子も、奥が深そう…これからも色々参考にさせて下さいね♡

それにしてもコチジャン、手作りにビックリポン( ゚д゚)
Commented by sabawodasiniiku at 2016-04-03 20:12
餃子のために知人の方へ
お皿をオーダーできるなんて!羨ましい(^_^)

dancyu いいですよね〜
さくらさんも読まれているのですね〜
(私は たま〜にですが)

さくらさんのやり方でこんど 餃子焼いてみます
手作りのチョンジャンたれ!合わせて 真似して
作ってみたいです(^_^)
Commented by sakuraheart at 2016-04-04 15:34
>nekosukeさん
ありがとうございます。
畑で沢山のニラが収穫できます。
毎年勝手に育ちます
キャベツ半分に2束分程のニラを入れます。
まるで、にんにくが入っているかのように感じます。
チョンジャン味噌はたぶん栗原はるみさんのレシピでは?ないかと
思います。
10年以上はこのレシピです。
この味噌は焼き鳥にちょっとつけても、
きゅうりにつけても美味しいですよ。

パン作りも奥が深くて楽しいですね。
Commented by sakuraheart at 2016-04-04 15:36
>デコポンさん
その当時は、義妹夫婦とご飯をよく食べていました。
全員集まると10人近くなってしまうので、
餃子の為に作ってもらいました。
一度に40個の餃子がテーブルに並べられます。
dancyuの購入は主人の担当です。
餃子特集は2012年7月号なのですが、捨てられません!!
絵もきれいだし、平松洋子さんのエッセイも大好きです。
辛味噌は焼き鳥にとても合います。
機会があれば、お試しあれ!!
小山薫堂さんの一食入魂も、楽しいエッセイです。
3月号に興味深い内容が、とんかつ様のカレー屋『いっぺこっぺ』
いっぺこっぺは、鹿児島の方言で“たくさん”という意味との事。
なるほど!!
by sakuraheart | 2016-04-03 08:33 | Comments(4)