オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

<   2010年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今が旬の桜桃

我が家の長老は、さくらんぼを桜桃と呼ぶ。
今年は、1週間程遅れたさくらんぼ狩り。
d0154344_1465265.jpg


毎年、さくらんぼを買いに行く知人のさくらんぼ農園。
ジャム用に“ナポレオン”のさくらんぼ狩りもさせてもらっている。
今年もさくらんぼを、楽しみにしている方に発送!
ちょっと遅れましたが、待ってて下さい。 美味しい佐藤錦が届きますよ~。

友人たちと一緒にさくらんぼの下で、赤いつやつやの実をパクリ・・。パクリ・・。
鈴なりのさくらんぼは、これからもっともっと赤味と甘さを増していく。

d0154344_14123453.jpg




彼女たちと我が家で、ささやかなお昼ごはん。
普段我が家で食べている物を、とても喜んでくれる。

朝から、ふきを煮て、きぬさやのスジを取り、胡桃を炒って、
小豆を煮て“おはぎ”を作り、そんな時間がとても楽しい。


d0154344_1482366.jpg

















d0154344_1492415.jpg


















楽しい時間は、あっと言う間に過ぎてしまった。
また、りんごの季節に遊びに来て~。
[PR]
by sakuraheart | 2010-06-29 14:27

かわいい丸ナス

雨・・雨・・。
そして久々のお天気。
ズッキーニがこんなに大きくなってきた。
天ぷら・炒め物も美味しいが、やはりラタトゥイユ
冷たくしてパンにのせて食べる。なす・トマトが収穫できたら、作ろう。
d0154344_21392577.jpg







d0154344_21405554.jpg




















丸ナスの関口なす。
初なすは早めにもぎ取った方がいいと教えてもらい、さっそく収穫してきた。
教えてもらったのより、砂糖を控えにして作ってみた。
なすのもち米漬け(まま漬け) やはりうまい~。
旬のなすは焼いても、揚げても、炒めても、漬物にしてもうまい~。
d0154344_2222688.jpg












前日に収穫したさやえんどうも入れて、卵とじにした。
やっと卵の量よりさやえんどうの方が多くなった。
このシャキシャキ感がたまらない。そしてさやえんどうと言うより、
“きぬさやの卵とじ”と呼んだほうが似合うと思う。

きぬさやの卵とじ
d0154344_21445470.jpg













茎ブロッコリーも数本収穫。
エリンギと茎ブロッコリーのキムチ炒め
d0154344_21553262.jpg
















どうしてもご飯のおかずより、お酒のおつまみに矛先が向いてしまうのはどうしてだろう。



きゅうりは丸ごと辛子漬け。
サラダ菜も収穫してあるので、朝ご飯にサラダにしよう。
手でちぎって、春菊の柔らかい葉も入れて、シラス干しとかつおぶしをたっぷりかけて・・・。
[PR]
by sakuraheart | 2010-06-25 22:17

間引き菜

春菊の初収穫
間引きした柔らかい春菊は、我が家の胡桃を沢山入れて胡桃和えにした。
小鉢に少しづつ・・

春菊の胡桃和え
d0154344_22495991.jpg














久々に胡桃寒天も作ってみた。
粉寒天を煮溶かし、ザラメに醤油・塩を少し入れて、細かく刻んだ胡桃を沢山入れて、
型に流しいれ冷蔵庫で冷やす。
d0154344_2250392.jpg

















                    胡桃寒天
d0154344_2252478.jpg

















畑の隣人さんにいただいた大根の間引いたもの。
大根はおろしで食べて、大根の葉は我が家の十八番の大根葉としらすをごま油で炒めて
醤油・砂糖で味をつけて、鰹節を入れる。
朝の炊きたてご飯に、たっぷり乗せていただく。おかわりしたい!ところを我慢・・我慢。

大根葉としらすのふりかけ
d0154344_22534616.jpg













今の時期、間引いた野菜の柔らかくて美味しい事。

珍しいのが“オカノリ”。
クセのない柔らかい茎葉を摘み取って、おひたしなどにし、納豆・なめこなどと合わせて食べる。
少しねばりがあり、軽くあぶると海苔の香りがする。
d0154344_2333164.jpg





















畑の野菜の事を色々教えてくれる、漬けものの先生がいる。
その人が作ってくれる、もち米を入れた茄子漬けは絶品。
ご飯がすすむ・・・。ビールがすすむ・・・。
とまらない・・・。
[PR]
by sakuraheart | 2010-06-23 23:25

きゅうりのしば漬け

やっと収穫のきゅうりで、漬物などが出来るようになった。
ちょうど保存漬けもなくなったところ。

最後のきゅうりのしば漬け
炒飯の横に少し。福神漬けのようにして使っている。
去年の9月末に漬けた、4キロの“しば漬け”。常温でもOK。
赤シソが沢山残っているので、梅雨明けの天気の良い日に干して“ゆかり”にする。
d0154344_21223397.jpg

















d0154344_21225782.jpg







去年のわらびの塩漬け
d0154344_21252125.jpg
















塩抜きしてそのまま食べたり、野菜と合わせて浅漬けの代わりにしたり、胡桃和えにして食べても美味しい。
まだ少しあるのでこれも、梅雨明けをみて干す予定。
そしてぜんまいの様に煮物にしていただくと美味。初わらび採りで、今年の分の塩漬けわらびはOK。

なすの麹漬け
小分けにして冷凍庫に保存。いつでも食べたい時に、お皿にそのまま。
色もきれいなまま。
d0154344_21321861.jpg

















さくら大根
桜の塩漬けの汁を少し入れて、砂糖・酢と短冊にした大根とサッと揉む。
数時間でいただける即席漬け。
ほのかに桜の香りがして、さっぱりしていて美味しい。
d0154344_2134854.jpg



















そして梅漬け
赤シソを入れてない無着色の梅漬け。
朝ご飯に少しだけいただいて、“魔除け”と一日の始まりとする。
6年物の亡義母の梅干しも、毎日いただいている。
[PR]
by sakuraheart | 2010-06-20 21:59

畑の黄色い花たち

早朝、枝豆畑の水まきをしていたら、遠くに鳥海山が見えた。
この場所から見えることが少ない。今日はいい~日だ。
d0154344_2040367.jpg

湯上り娘・秘伝はすくすくと育ち、直播きした黒豆は芽が出始めた。
その横には、金時豆も植えている。
実は金時豆は、いんげんだと知ったのはつい最近の事。

今年は黒豆の豆腐作りに挑戦。今からとても楽しみ。

今日の収穫
d0154344_20422276.jpg



















d0154344_2044260.jpg



















きゅうりの花

可愛い黄色花をつける。
通常のイボイボとイボイボなしのシャキットきゅうり。
去年植えてみて、とても美味しかった。
初きゅうりは白キムチでさっと和えた。

白キムチきゅうり
d0154344_2048012.jpg


















                    きゅうりの酢の物
d0154344_20501162.jpg


















さやえんどうはオムレツの中にそのまま入れた。
さやえんどうのシャキシャキ感を残す為、レンジで1分程(もっと短くてもいいかも?)
ふんわりの卵の中に、シャキシャキのさやえんどうは美味しい~。

さやえんどうんのオムレツ
d0154344_2055282.jpg


















ズッキー二の花
d0154344_20592333.jpg



















左が雌花・右が雄花

人工受粉で着花を助けてあげるのを知らないで、一昨年は失敗してしまった。
未熟果の先端に黄色い花が咲き、花が散った頃にはその実が腐敗始めた。
何度も同じ繰り返し。
専門に苗を作っている人に、教えてもらった。
雌花が開花してきたら、午前中の早い時間に雄花の花粉を雌花に人工受粉する。
かぼちゃも人工受粉してあげた方が、きちんと実をつける。
そのおかげで、去年のかぼちゃは豊作だった。

ウリ科の野菜は、みんなそうなんだろうか?
[PR]
by sakuraheart | 2010-06-17 21:29

さやえんどうの花

今日の収穫
d0154344_20405711.jpg

みず菜・二十日大根・サンチュ・ニラ・さやえんどう・苺

さやえんどうの花
d0154344_20425525.jpg



















さやえんどう・苺は初収穫。
苺はやや小粒の物ばかり。株分けはしたものの、肥えた土にしてあげなかったからかなぁ~と反省。
苺ジャム位は収穫できそう。

朝ごはんには、さやえんどうの味噌汁が頻繁となる。
あまい~汁は好きだけど、味噌汁のさやえんどうは苦手。
若いさやを収穫して、卵とじで食べるのが大好き。
シャキシャキした歯ごたえと、鮮やかな緑色が魅力的なさやえんどう。
初収穫の今日は、冷やし中華の中に入れてみた。
きゅうりを塩もみにして、さやえんどうはサッと湯がいて、麹に葉っぱごと漬けた二十日大根も添えて・・。

冷やし中華
d0154344_20455826.jpg

















初収穫の苺で、冷たいデザートを作ってお土産にした。
苺のムース
d0154344_20471348.jpg



















次は2層して苺ゼリーなんて・・・いいかも。
[PR]
by sakuraheart | 2010-06-14 21:06

私のお気に入りの場所

エニシダ
d0154344_21275243.jpg
d0154344_21312727.jpg



















私のお気に入りの場所。
家から数分のところに咲いていて、ここ数年であっという間に増えたエニシダ。
枝はほうき状に分かれて先端が垂れ下がる。
花はとても特徴的で、これ程群生しているとみごとだ。
道の反対側にはマーガレットが沢山咲いている。

ねまがりたけ
d0154344_21343395.jpg

秋田で『たけのこ』と言えば、孟宗竹ではなく、ねまがりたけの事になる。
採れたてを皮つきのまま金網で焼き、ばっけみそをつけて食べる。
みず・油揚げなど入れて、味噌味の一本煮にしてみた。

たけのこの一本煮
d0154344_2136964.jpg














下の部分は炊き込みご飯にした。山の物はほっとした気分になる。
旬の頂き物は嬉しい~。

今日の収穫
d0154344_21435321.jpg

左から二十日大根・ニラ・せり・ふき・サンチュ
まだまだ野菜の収穫は少ない。
去年ならさやえんどう・ほうれん草などは収穫出来た。
二十日大根は大根とキムチ漬け。ふきは油揚げとおかか煮。
ニラは米粉・干しエビ・豚肉を入れて“ニラチヂミ”にした。


ニラチヂミ
手作りチョンジャンたれをかけて食べる。
d0154344_21554124.jpg




















チョイ辛がビールに合う~。
[PR]
by sakuraheart | 2010-06-10 22:07

青にんにく

こちらでは生にんにく(青にんにく)を食べる。
横手市増田町の八木地区が有名。
d0154344_22365321.jpg

味噌をつけて、パリパリと・・。美味しいにんにくは苦さより、甘味の方があるようだ。
生にんにくの苦手な私には、無理。

茎先の方がもったいないので、醤油に漬けて“にんにく醤油”として炒め物に使う。
一昨年の秋に、にんにくを植えてみた。
春に収穫したのだが、苦くて食べれない。
土か?肥料か?分からない? やはりにんにくは買うことした。
大きくなるまで待ってばいいのに、その前に食べてしまうのは贅沢な話。

わらびたたきに、すりおろしにんにくと味噌を入れて食べる。
湯豆腐も、すりおろしにんにくと醤油を入れて食べる。


去年サンチュの種が余って、畑の隅っこに植えたのが春に出てきた。
畑の畝にマルチをして植えなおしてみた。
摘んだ葉の切り口から白い乳液が出るので、チシャ(乳草)と言われてらしい。
時々サラダの付け合わせにしたり、肉味噌を巻いたりして食べる。

サンチュ
d0154344_22432431.jpg




















d0154344_22241879.jpg
















鶏肉をこんがり焼いて柚子コショウをつけて、サンチュに巻いて食べる。
柚子コショウにマヨネーズを入れても美味しい。
                        鶏肉のサンチュ巻き
d0154344_22251775.jpg














畑のうるいを漬物にした。
柔らかくて少しねばりがあるのは、みず・きゅうりなどど漬物すると美味しい。
二十日大根も、湯漬けと言ってサッと湯通ししてから、白醤油に漬ける。

きゅうり・みず・うるいの辛子漬け
d0154344_22273038.jpg















                         二十日大根の醤油漬け
d0154344_2228618.jpg
[PR]
by sakuraheart | 2010-06-06 23:06

りんごのオイシイ話


まもなく、横手十文字のさくらんぼまつり。
さくらんぼのオイシイ話の前に、りんごのオイシイ話を。
d0154344_22454284.jpg
りんごの花が咲いて、実がついて収穫できるまで、6ヶ月。
収穫して美味しい状態で食べれるのが、6ヶ月。
ちょうど1年。最後のりんごはとても甘い。
まだ冷蔵庫から出したばかりは、サクサクで美味しい。

d0154344_22465762.jpg

こちらに来てびっくりした事のひとつ。
りんごが木箱ごとある。りんごは買うものだと思っていた私には感動した。
亡義母が摩り下ろし、手搾りでりんごジュースをよく作ってくれた。
濃厚で美味しい味は忘れない。
親戚ではりんごジュースも作っている。アルミパックのりんごジュースを凍らせて、
保冷剤の代わりに荷物の隅っこに入れている。
着いた頃には、横手の野菜・山菜と冷たいりんごジュースがいただける。

規格外などのりんごで、りんご酢なども作る。りんご酢も種類によって違う。
このりんご酢で、さんまを煮るとこれがまた美味しい。
りんご酢と生姜の千切りを入れてコトコト煮て、後で醤油を入れて味を整える。
汁がなくなるまで煮詰めるので日持ちがする。
もちろん、りんご酢をそのまま飲んでも身体にいいらしい。

りんごのコンポート
これさえあれば、ヨーグルトで食べたり、ゼリーしたり、ムースしたり、何でも出来る。
d0154344_22474986.jpg
















        りんごのムース
d0154344_22502561.jpg



りんごのケーキ
りんごのスライスをカラメルで煮て、生地の中に入れる。
日にちが経つごとに、しっとりしてきて美味しい。
d0154344_22515282.jpg





次は、オイシイさくらんぼの話を。
[PR]
by sakuraheart | 2010-06-03 23:06

イワシ花

夕焼けがとてもきれい~。
明日はきっと晴れる。
d0154344_14133513.jpg



d0154344_1414437.jpg

早朝のわらび採りに出かけた。
今年2回目のわらび採り。日の出を背に受け、1時間程で帰って来た。
遠くに鳥海山の残雪が、きれいに見えた。


山にタニウツギ(谷空木)が、咲き乱れている。
山の師匠に、この花の咲く場所にはわらびがあると教えてもらった。
場所によって、名前も色も違うらしい。
日本海側はタニウツギ。
秋田の海でイワシが獲れる頃に咲くから、イワシ花と言われるらしい?・・・。
これも昔の話。イワシなんて希少な今、考えられない!!
太平洋側にはニシキウツギ。

d0154344_14155731.jpg





















我が家には、少しだけみずがある。
漬物に入れたり、炒めたり、そのままおひたしでも美味しい。
ふき、みず、うどなど、ちょっとした山菜が自宅の畑にあるのは嬉しい~。
d0154344_14325795.jpg




















ニラを採ってきて,つくねの中に入れてあんをかけて!
d0154344_14361521.jpg



朝ごはんには卵とじ!
d0154344_14394480.jpg

[PR]
by sakuraheart | 2010-06-01 14:57