オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

冷たいお茶漬け

d0154344_20154620.jpg


d0154344_2019459.jpg


d0154344_20192719.jpg

早朝の西の空には、まだ白い月がある。
今日は、珍しく夏の雲だった。
夏を惜しむかのように、ムクムクとあっちこっちに。
でもススキがだいぶ増えて来た。
季節は秋へ向かっている。

秋田県南の漬け物。
なすの飯すし・なすの花すし・いぶりがっこなど色々な漬物がある。

我が家の漬け物。
日中はまだまだ暑い!食欲が落ち、喉越しの良いお茶漬けが欲しくなった。
だし汁を作り、冷蔵庫へ入れて冷たくする。

***漬物***
きゅうり・みょうがのしば漬け
コリンキーの麹漬け
きゅうりの粕漬け
かたうり・茎わかめ・人参・四葉きゅうりの味噌漬け
浅漬けきゅうり(みょうが入り)

d0154344_20205053.jpg

お茶碗に色々のせて、上から冷たいだし汁を注ぐ。
いける!!あぁ~そうだ!海苔と胡麻ものせたら良かったぁ~。  
もちろんおかわりしましたが。

d0154344_20303422.jpg



















簡単しば漬けの作り方
きゅうりに塩・酢を入れてビニール袋に入れて3日間。
赤シソの袋・砂糖を入れて終わり。
常温でもOK!
食べて終わった赤シソは、干して“ゆかり”を作る。

d0154344_2031763.jpg


















今、夏野菜のきゅうり・なすなどの保存漬けをしている。
[PR]
by sakuraheart | 2010-08-31 21:01 | Comments(3)

ししとうの佃煮

d0154344_21222532.jpg

7月の蕎麦畑 

今は、あちらこちらで“蕎麦狩り”の風景。
減反の後に、大豆や蕎麦などを植えている。
今年は大豆畑。一昨年は蕎麦畑。
キッチンから蕎麦の白い花が見れて、とてもきれいだった。
畑のあっちこっちに、蕎麦の種が飛んで来て、蕎麦の花が表れる。
先日、地元産の夏蕎麦をいただいた。
コシがあって、とても美味しかった。
海老の天ぷらの他に、ゴーヤの輪切りの天ぷら・おかひじきのかき揚げなど、
旬を感じる天ぷらも美味しかった
d0154344_21152692.jpg


d0154344_21161077.jpg

我が家は珍しい野菜=オカノリを植えている。
海の海苔に対して、畑の海苔なので“オカノリ”である。
そのまま薄衣で天ぷらにすると、海苔のように磯の香さえする。
今、かわいい花を咲かせている。
柔らかい葉を摘み取って、天ぷらにする。


d0154344_21165179.jpg

ししとうの畝も片付けをした。小さいししとうと葉を全部収穫した。
ししとうの佃煮は、ご飯によく合う。

d0154344_2118390.jpg



夏の収穫も終わりに近づき、秋冬野菜の準備になる。
じゃがいもの後は大根・聖護院かぶ、とうもろこしの後は白菜、いんげんの後はキャベツ。
白菜は、毎年近所のおじいさんが我が家の分まで種まきをして、苗つくりをしてくれる。
土はわざわざ山に足を運んでくれて、種まきをしてくれる。

今年は、絶対白菜のキムチ漬け!と思っている。
[PR]
by sakuraheart | 2010-08-26 21:35 | Comments(2)

じゃがいも=Potato

今年のじゃがいもは、小さいなぁ~と誰もが言う。
畑の隣人も、“わいのどごも(わいとは自分)このぐらいだー”。
じゃがいもを傷つけないように、回りに鍬を入れる。
その状態で、土を起こす。
大きいのや、小さいのやら、雨が多かったので、土の中で腐敗しているのも、沢山あった。
今年初めて植えた『とうや』の、収穫量は少ない。
中身は、きたあかりに近く、黄色をしている。
今年は、きたあかり・メークィン・とうやの3種類。
さっそく、とうやをお味噌汁にゴロゴロと入れて、仕上げに若芽。
柔らかくて、甘くて美味しい。

“きたあかり”は明太子ポテト。
我が家の定番である。
煮て、塩・コショウ・マヨネーズに、明太子のみ。
残ったのに、チーズをのせて、オーブンで焼いても美味しい。
d0154344_10225511.jpg

小さいじゃがいもは甘辛煮する。
d0154344_1016931.jpg


きたあかりは煮えるのも早く、ポテトサラダにも向いている。
マッシュ・ポテトにしてトマトカレーと一緒に食べる。
d0154344_10163592.jpg



じやがいもは、日持ちがするので、春までの我が家の常備野菜
でもこの収穫量からして、春までは無理だろう。




じゃがいもの花も、オイシイ~楽しみ。
ひとつひとつ違う。
d0154344_10173685.jpg





















GWに種イモを植えて、6月に肥料に土寄せをして、8月の初旬に収穫。
じゃがいもの畑は耕して、次の大根・聖護院かぶの準備をする。

まずはひと休み。
[PR]
by sakuraheart | 2010-08-22 10:36 | Comments(7)

それぞれのお盆

七日の朝 お墓の掃除。
十一日 盆花の準備。
仏壇にお供えする花・お墓にお供えする花。
お墓にお供えする花は少し短くして、庭先に咲いている、グラジオラス・アスターなども入れて、一緒にする。
昔なら、どの家の庭先でも“ミソハギ”などの精霊花があった。
十二日 お盆に使うものを買い物して、下準備にとりかかる。
十三日 仏壇棚に茣蓙を敷き、蓮の葉の代用に芋の葉を使い、なすやトマトの刻んだ物、赤飯、寒天・瓜などを色々乗せ、きゅうりの馬・なすの牛を置く。
ささげ・あおりんご・ほうずきなどと灯篭を一緒に飾り、回り灯篭を準備して供膳をあげる。
夕方近くに、お墓参りをして、家の門口で迎え火。
十六日の夕方にまた、お墓参りをして供物をお下げして、新しい供花。
そして、送り火。
『お義母さん!今年も来てけだねぇ・・。まだな・・・。』
確かに、この四日間は我が家にいる。
それは、不思議な事に主人共感じる事。
お盆の期間、菩提寺では棚経に各檀家を廻り、我が家へは十五日の早朝。

十三日からの朝・夕の供養膳。

**送り火・十六日の夕げの供膳**
ご飯
じゅんさいと根曲がり竹の汁もの
がんもどき・根曲がり竹・人参の煮物
きゅうり・若芽の酢の物胡麻かけ・菊のおひたし
ささげの煮豆
赤紫蘇寒天・胡桃豆腐・豆腐かすてら
きゅうり・瓜の粕漬け・みょうがのしば漬け
どれもお義母さんの大好きな物。
ゼンマイをもどしたり、ささげ豆を煮たり、胡桃豆腐を練ったり、
そんな作業も私には心地よい。
我が家のてんこ小豆・ささげ豆・黒豆・胡桃と畑の野菜。
親戚・友人からいただいた、干しゼンマイ・根曲がり竹の瓶詰め・
もち米・桃・ぶどう・すいか。

d0154344_23412123.jpg

昔なら八月に入ったら、お盆の準備が始まったらしい。
手間暇をかけた時代、それが供養に思う。

それぞれのお盆が終わった。
[PR]
by sakuraheart | 2010-08-17 23:52 | Comments(3)

上出来のメレンゲ

夏の雲。
夏の色んな雲が、見る事が出来た。
とても、美味しそうな雲・・・。
上出来のメレンゲのようだ。
d0154344_20203234.jpg

d0154344_19514144.jpg

d0154344_19524789.jpg

d0154344_19534979.jpg







秋田県南は、果物も豊富なところ。
幸せな事に親戚・友人を辿れば、ほとんどの人が果実農家。
桃・りんご・梨などを作っている、親戚。
さくらんぼ・ぶどうを作っている、友人
今年も沢山の桃をいただいた。
この猛暑で、桃はだんだん甘味を増している。
おすそわけをして、残りで何を作ろうか?
d0154344_195531100.jpg






d0154344_2081715.jpg

まずは、そのまま洗って1個まるごといただきます~

d0154344_19563461.jpg




そして、桃のコンポート。
これさえあれば、色んなデザードが作れる。
うぶ毛をきれいに洗い、中心に切り目を入れて、アボカドの要領でまわす。
種をきれにとりのぞき、ワイン・グラニュー糖・レモン汁を入れてひと煮立ち。
桃を入れて、弱火で10分程煮たたせる。
冷めると、きれいに皮が剥ける。汁ごと冷蔵庫へ。
アイスクリームを添えて食べたり、
ムースにしたり、色々楽しめる。

         桃のシャーベット
d0154344_19595340.jpg







お盆の時期に出回る、『川中島白鳳』
甘味と程よい固さで、そのままでもOK。
加工して、お菓子作りにもいい。

**桃尻**
なんと言っても、あの赤ちゃんのようなお尻がたまらない。
[PR]
by sakuraheart | 2010-08-15 20:28 | Comments(2)
d0154344_2122212.jpg

イタリア生まれ横手育ちのシシリアン・ルージュ
d0154344_2154484.jpg

ズッカ


食べてみたい、を育てよう。
『サントリーの本気野菜のトマトシリーズ』
その小冊子を手にしたのが、昨年。
テーブルのカゴいっぱいのトマトと、笑顔の枝元なほみさん!
食べたい~。
育ててみたい~。
私の心に本気が・・・。
昨年は、14本のトマトを植えた。
今年は、GWに植えたトマトが全滅してしまい、6月に入って植え直した為、
あまり種類が揃わず、大玉は桃太郎。
ミニトマトのベリーとオレンジキャドル。
イタリア生まれのシシリアンルージュとズッカ
珍しいのが、ズッカ=イタリア語でかぼちゃ
とてもおもしろい形で、今年初めて植えたトマト。
生のままで、他の素材と組み合わせて絶品なトマト!

d0154344_2165495.jpg



















ズッカとチーズのサラダ(カプレーゼ)
ズッカとモッツァレラチーズに塩をふりながら、交互に重ねてオリーブオイルをまわしかけ、上から黒コショウ。



シシリアンルージュはドライトマトにした。
低温のオーブンで7~8割、乾燥させてパンの中に入れた、野菜ぱん。

d0154344_2184280.jpg



















d0154344_2110255.jpg




















玉ねぎとにんにくをオリーブオイルで炒め、トマトとスープを入れて塩・カイエンペパー、を少々入れて出来上がり!冷たい~トマトスープ

d0154344_21233670.jpg







私のもう一人の畑の先生。
藤田智/秋田県生まれ。
『趣味の園芸』講師、野菜専門家として、ほとんどの野菜作りの書籍は、この方。
私も持っている、野菜の本もそうで、とても分かりやすく良い。
野菜畑で、満面の藤田先生の野菜はいかにも、美味しいそう。
『本気野菜』の小冊子も藤田先生でした。
もう気持ちは来年へ。


どのトマトを食べようかぁ~。
[PR]
by sakuraheart | 2010-08-07 21:42 | Comments(4)

オクラ(秋葵)づくし!

八月に入ったら、雨の予報も反して毎日猛暑。
野菜の収穫も本番となりました。
d0154344_19375693.jpg


やっと、オクラ(秋葵)も収穫。
名前の通り、アオイ科特有の大きな花をつける。
黄色い花の中央に赤い花をつけて、早朝にはみごとな花が見れるが、日中にはしぼんでしまう。
わき枝に花をつけて、やがて枯れてオクラになる。

今年は雨の為、オクラになれず、腐敗してしまうのも多い。

d0154344_19384950.jpg





通常売られているのは、五角オクラ。
輪切りにすると、星形になるスターオクラ。
我が家は、八角オクラのダイヤモンドオクラ。
柔らかくて、甘味があって美味しい。

d0154344_1941337.jpg




まずは、さっと湯がいてフープロに入れて、ご飯にこれでもか~と乗せて食べます。
肉巻きしても、美味しいこと間違いなし!
イカと混ぜて、お酒のおつまみに!これもオイシイこと間違いなし!

                         オクラとろとろご飯
d0154344_19473028.jpg
























付け合わせにはミニトマトのトマトベリー・オレンジキャンドル。
柚子コショウと赤シソマヨネーズで。

        オクラの肉まき
d0154344_19482095.jpg





わさびと刻みのりをのせて。
        いかオクラ
d0154344_19484569.jpg




茄子漬けも色もよく出て、皮が柔らくて美味しい。
きゅうりももぎたてを麹につける。お昼には食卓へ。
ちょっとだけ味が染みて、サラダ感覚でいくらでも食べれる。
d0154344_19495997.jpg


















野菜が、ますます美味しくなる。
[PR]
by sakuraheart | 2010-08-03 20:24 | Comments(2)