オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

焼きたてのパン

我が家にて、友人たちとランチ。横手へ来るのは、年に2回程。今年はさくらんぼの季節とりんごの季節。
焼きたてのパンを食べて欲しくて、パンに合うおかず。

パンは胡桃と干しぶどうを入れて、ライ麦パン。
バジル・ガーリックバターをのせたチーズパン。
そして、パン教室で焼いたフランスパンとモンキーブレット。
フィリングの中に生地をつけて、クグロク型に入れて焼いたお菓子のようなパン
焼きたては特に美味しい。
d0154344_13452778.jpg
d0154344_13244786.jpg


d0154344_13463349.jpg

パンに合う、さくら畑の野菜を使ったおかず。
そんな野菜たちの面々。
里芋・聖護院かぶ・大根・紅大根・赤大根・アスパラ菜・チンゲン采・サンチュ・かぼちゃ。

d0154344_13471478.jpg

どんなおかずを作ろうが、外せないがっこたち。
***前菜はがっこたち***
聖護院かぶの辛子漬け
赤大根・紅大根・チンゲン采の麹漬け
赤大根のりんご酢漬け
大根の柿漬け
みょうがのしば漬け
アスパラ菜の醤油漬け
そしていぶりがっこの切り漬け。
今回は、いぶり大根も買いに来た友人たち。


小さい里芋をレンジでチン!
そのままゴロゴロにして入れた、里芋ハンバーグ。

かぼちゃ(とっておき)はポタージュ。
マッシュかぼちゃにして、コンソメ・牛乳・生クリームを入れる。
上にフランスパン・チーズをのせて、オーブンで焼く。
つけ合わせには、サンチュをちぎって、おろしにんにくドレッシング。

もうひと品は、いかのマリネ。
聖護院かぶ・大根・紅大根・玉ねぎを入れて野菜たっぷりマリネ。
d0154344_13483588.jpg

d0154344_1349933.jpg


食べて・・・、おしゃべりして・・・、笑って・・・、
帰りにはりんごとさくら畑の野菜のお土産。
『まるで!実家にきたみたい!!』それが一番嬉しい言葉。
ちなみに、私は次女?
[PR]
by sakuraheart | 2010-11-16 14:01 | Comments(10)

里芋ランドリー

d0154344_2136384.jpg

さくら畑の横には堰がある。
田んぼに水を流す為の小さい堰である。
野菜の水やりや、畑の道具を洗ったりと、とても便利。
まもなく大根の収穫になる。
その時には、この堰で何十本も洗って保存する。
聖護院かぶも同じようにする。
雨の晴れ間の里芋の収穫。
本当であれば洗わずに乾燥するが、あまりにドロドロの土の為、
この堰で“里芋のランドリー”
古い洗濯物カゴに里芋を入れて、10分程。
こんなにきれいになりました。
d0154344_2139557.jpg

d0154344_2138949.jpg

そんな里芋で、里芋のコロッケ。
藻塩のみの味つけが、一番美味しいように思う。
近所のしいたけ農家さんからいただいた、
20㎝もある巨大しいたけも一緒に、フライにした。
肉厚なので、とても美味しい~。

d0154344_21393745.jpg

ほうれん草と聖護院かぶのグラタンも熱々!!
☆簡単ホワイトソースの作り方。
バターに小麦粉を入れて、レンジでチン!
水にコンソメを入れて、レンジでチン!
牛乳もレンジでチン!
全てを混ぜて、レンジでチン!

d0154344_21402143.jpg


大根の柿漬けも、とても美味しく漬かってる。

d0154344_2141992.jpg


明日は雪囲い。
月曜日は雪だるまマーク!!!
[PR]
by sakuraheart | 2010-11-12 22:05 | Comments(6)

我が家のがっこ

今の季節、玄関先にはマルメロを飾っている。
訪れたお客様が“あら!いい香り”と言ってくれる。

d0154344_21521987.jpg

雨の晴れ間をみて、野菜の収穫。
白菜・聖護院かぶ・紅大根・ほうれん草・青梗菜・アスパラ菜・中央にわさび菜
そして、大根2本・ネギを数本抜いてきた。

まずは漬け物。
浅漬けで、3~4日で食べきれる漬け物を数種類作る

d0154344_21531368.jpg
d0154344_21535367.jpg
d0154344_21553075.jpg

d0154344_21563124.jpg
大根のナタ漬けの下漬け。
聖護院かぶのからし漬け。
アスパラ菜の醤油漬け。
紅大根のりんご酢漬け。

d0154344_2159356.jpg

青梗菜・紅大根の麹漬け。
白菜にシソの実・昆布を入れての切り漬け。
ビールのおつまみに椎茸の辛子漬け。

d0154344_2215252.jpg

ほうれん草を刻んで、粉チーズを入れたオムレツ。
d0154344_2235528.jpg

アスパラ菜のピーナッツ和え。

d0154344_22322640.jpg



まだ、さくら畑では野菜の収穫が出来る。
どうか!雪が降らないように願う。
[PR]
by sakuraheart | 2010-11-06 22:38 | Comments(6)

柿の渋抜き

干し柿をする季節、冬が近づいて来ると感じる。

子供の頃、母の田舎に行って雪に落ちた柿を食べた。
『あんまり食べれば、腹こわすや』と母。
何を根拠に『大丈夫だ』と私。
案の定、何度もトイレへ・・・。

今年は1週間遅れた“柿もぎ”
数日雨の為、柿むきも遅れてしまった。
こちらではどこの家でも、柿のれんが見れる。
各家のベランダ・軒下・小屋などに様々な吊るし方での柿のれん。
今年の平核無は豊作だか小ぶり。
d0154344_211312.jpg

d0154344_2113253.jpg


大和柿は去年の倍の大きさだが少ない。

d0154344_2114256.jpg


d0154344_21142281.jpg


そしてとても珍しい柿漬け用の、ピンポン玉くらいの大きさの柿。
d0154344_21152589.jpg


大根の柿漬け
柿の渋味が塩で甘味に変わり、自然の優しい甘さになる。
数日したら、食べ頃になる。

d0154344_21162130.jpg

平核無は5kを2箱程、渋抜き用にビニールに入れて準備をする。
渋が抜けた頃に届く様に、東京の息子へ送る。
もう1箱は妹へ。

すぐれもの=脱渋剤
数年前までは、ヘタに焼酎を付けての作業。
これを知ってからは、楽ちん・楽ちん!!
四方と中央に入れて、終わり!!
1週間~10日程で渋が抜ける。
d0154344_2117263.jpg

d0154344_21174815.jpg













今年の干し柿はどうだろうか?
胡桃と一緒に、刻んだ干し柿を入れたパンを作る。

楽しみ~!
[PR]
by sakuraheart | 2010-11-03 21:39 | Comments(5)