オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

十文字のビリケン

秋田県横手市十文字の道の駅、(まめでらが~)に“ビリケン像”がある。

d0154344_22141881.jpg


住職さんに道の駅に、“ビリケン”がおいてあるね。
どの様な訳であるのか?と聞かれた。
何故?こんな雪国へ・・・。
聞いてみようかなぁ~と思っていたら、新聞で紹介された。

********************************

大阪の通天閣におかれた像、『浪速のシンボル』として有名。
赤ん坊のような体に、つり上がった目、とがった頭が特徴。
足の裏をさすると願い事が叶うとされる、福の神。

********************************

賽銭箱を設置するようになってから、2年半で10万円程貯まり寄付。
首には、誰が下げたのか、お守りが10個程。
足の裏は黒光り!!!
とんがってる頭のてっぺんも黒光り!!!
ところどころ黒光り!

私は、今日もスリスリとなでできましたよ~。

ナント、今年!道の駅売り上げ3億円突破!!
これも“ビリケン”のおかげ!
道の駅を利用してくれるお客様のおかげ!


来年も穏やかな日が、過ごせますように!
みなさんもよいお年をお過ごしください。
[PR]
by sakuraheart | 2010-12-31 22:27 | Comments(2)
パソコンも無事に・・・。
良かったぁ~

*********
d0154344_19441659.jpg




食の集いクッキングフェスタが行われた。

安全で、安心、そしてもちろん美味しくて、
みんなにとって『よい食』ってなんだろう?
毎日何気なく口にしているご飯のおかずのこと、
地域の農産物のこと、
美しく、
美味しく、
感じてみませんか。                       [抜粋]


今年のメインテーマは『お米』
おにぎりコンテストも開催された。
16種類のおにぎりがエントリーされて、その中1点を投票する。
私は、りんごジュースで米を炊く、『秋の実角おにぎり』その斬新さに1票を投じた。
審査委員賞はねぎ味噌焼きおにぎり。
やはり昔ながらの味がわかる、もちろん美味しいだろうと確信させてくれる、
おにぎりが一番の票を入れたみたいだ。
期間限定販売される予定。

d0154344_1917660.jpg

        ねぎ味噌焼きおにぎり
d0154344_19172530.jpg

        味付き肉巻おにぎり
d0154344_19185860.jpg

        とりピーごぼうおにぎり
d0154344_19192654.jpg

        秋の実角おにぎり
米粉用米あきた瑞穂の舞(秋田63号)の紹介。
5ツ星お米マイスターの方の日本のお米事情。
地元横手在住の、フードコーディネーターのたなかのりこさんの、“米粉でつくる簡単スィーツ”

私は、黒豆で応用して作ってみた。
砂糖・お湯・米粉(あきたこまち)をよく混ぜて、黒豆煮を入れる。
ラップした容器に入れて、レンジで5分程加熱する。
簡単でとても美味しい。
d0154344_1922102.jpg


当日の一番のお楽しみ。
本日のランチ
『よい食 地産地消ランチ』
オリジナルカレー&野菜カレー2種
米粉用あきた瑞穂の舞を使ったナン
りんごのサラダ
d0154344_19235334.jpg

どれもこれも美味しかった。
私自身でも米粉は使うように心がけている。
米粉を使うと、グラタンもさっぱりして美味しい。
天ぷらなどはサクサクに揚がる。
チヂミなどはモチモチになり、とても美味しい。
かぼちゃのプリンやパウンドケーキにはコンスターチの感覚で使う。
マイブームとしては、生春巻きである。
生春巻きの皮も米粉で出来ている。
米粉で作ると、もっちり感があり、チリソースととても合う。

収穫時期に、2番米を粉屋に行って米粉にしてもらい、色々な形で使う。
純粋のあきたこまちの米粉である。
実際に市販されているものは、とても高くて買えない。
もう少し安価に、どんなものにも使用できるようにならないものかなぁ~と思う。
[PR]
by sakuraheart | 2010-12-28 19:46 | Comments(4)

………

パソコンがずっとフリーズ状態のまま。
クリスマスを迎えてしまいました……
未だ回復せず。

今しばらく待ってて下さい。
[PR]
by sakuraheart | 2010-12-25 21:15

白菜バラ

d0154344_20135051.jpg

横手もすっかり雪模様。
雪が降る前に、白菜の収穫をしていた。
霜がついた白菜はなんだかとてもきれい。
“白菜バラ”みたいで、触ってみるとパリパリになっていた。
新聞で包んで、使わなくなったりんごの木箱に入れて凍らないようにする。
漬け物にしたり、鍋に入れたり、春まで色々にしていただく。

この白菜はさつまいもの畑を借りている、おじいちゃんに白菜の苗を作ってもらっている。
丈夫に出来た苗は移植し、大きく美味しそうな白菜に育った。
寒さで白菜は丸くなり、甘さがどんどん増す。
でも今年の白菜は“しにゃー”。 =固い(秋田弁)
暑さの為、育ちすぎて固くなってしまったようだ。
お天道様には、かなわない。

先日漬けたビール漬けは食べ頃。
我が家ではこのビール漬けをキムチ鍋に入れる。
生の白菜のシャキシャキも美味しいが、
白菜漬けが酸味を増して、キムチ鍋には絶妙に合う。


d0154344_20142392.jpg

d0154344_20145829.jpg

刻み漬けも簡単。
白菜は筋に沿って縦に刻み、昆布も刻み、千切り生姜に塩と少々の砂糖を入れる。
今回は収穫して冷凍しておいたシソの実も一緒に入れている。


d0154344_20194352.jpg

白菜をさっと湯がいて、油揚げと豚肉を巻く。
コンソメでコトコトと・・・。うまみたっぷりの煮込み汁を
あんにして、上からとろりとかける。


d0154344_20161819.jpg

[PR]
by sakuraheart | 2010-12-16 20:28 | Comments(4)

発酵文化万歳!!

発酵文化の薫る町横手。
発酵食品に共通しているのが、『麹』

d0154344_2127317.jpg

古くから良質のお米が収穫できた秋田そして、横手。
我が家の数軒先に看板のない麹屋さんがある。
明治創業以来、ずっと味噌を作り続けてる。
各家々で米・大豆などを持って行き、その家独自の配合の味噌を作ってもらう。
オーダーメイドの味噌。
麹をふんだんに使う甘味噌になる。
大豆1斗に対して、麹を3倍入れる3重麹は土地ならではの割合。
まだ、発酵していない生味噌を家々の桶に仕込んでいく。

雪深い秋田では保存食がかかせない。
麹は漬物に使ったり、魚を漬けたり色々な形で使われる。

麹を使ったがっこの代表的な物が“なた漬け”
ナタで大根を切って味を染みやすくした、大根の麹漬けである。
大根を塩漬けにして、麹に漬けて乳酸発酵させる。
麹にひたひたのお湯を入れて、炊飯器で3時間保温する。
絶対3時間。
3時間以上になると温度があがり過ぎて黒ずんでしまう。
たぶん麹としての役目を果たさなくなるのだろう?
塩漬けした大根にその麹を入れる。
各家庭によって、みりん・塩・砂糖などを加えたりが、我が家は麹の他に何も入れない。
麹とご飯からでてくる甘味で十分だと思う。


d0154344_21294025.jpg


秋茄子も麹を沢山入れて漬けて、冷凍保存する。
そうするとお正月にいただいても、中身は不思議な程真白。
今はこんな感じ!少しピンボケ・・・。
d0154344_21314890.jpg


漬けもの用の漬け床の寒麹も、沢山用意しておく。
炊いたご飯に麹を混ぜて、塩・砂糖などを入れる。
我が家では砂糖の量の半分を粗目に置き換える。
寒の入りに作ると一番良いとされる。

お正月のお酒のおつまみとして必ず作るもの鮭ずし
中辛の塩鮭を買い求める。
酢でひと晩漬けて、炊いたご飯に麹を混ぜる。
聖護院かぶ・人参・ふのり・刻み生姜などを入れ、
最後に笹の葉を敷いてゆっくり発酵させる。
お正月にレモン汁をかけて、山葵醤油でいただきます。

d0154344_21323571.jpg

d0154344_21585910.jpg

d0154344_2132589.jpg

[PR]
by sakuraheart | 2010-12-11 21:56 | Comments(4)

大好きなカップ

大好きなカップ達。
d0154344_2138942.jpg

d0154344_21383777.jpg

d0154344_2138578.jpg

私の趣味の中に“コーヒーカップ集め”がある。
自分へのご褒美に欲しかったカップを買い求めたり、
少しづつ貯金して高額のカップを買い求めたり、
記念で買い求めたり色々である。
そんなカップで珈琲を飲むたび、その頃を色々思い出す。
普段の朝はマグカップで珈琲を飲み、
帰宅後や夕ご飯後に、お気に入りのカップで珈琲を飲む。
時間がある時は、ミルでカリカリと煎る。
その時間が私の幸せな時間。
マグカップは毎年友人がプレゼントしてくれる。

そんなカップに仲間入り。
藍色のコーヒーカップ。
一瞬で“あ!私の好み!!”
実は主人のマグカップを買い求める為に、
寄った際に見かけていたこのカップ。
またこのカップに会えてびっくり!!
momoさん!ありがとう・・・
唐辛子のてぬぐいと美味しい珈琲。

d0154344_21432315.jpg

主人が珈琲好きな私の為に、今年買ってくれたデロンギーのコーヒーメーカー。
美味しい珈琲を、再び会えたカップに淹れて、バウンドケーキと一緒に。

d0154344_21402235.jpg

d0154344_21404354.jpg

我が家の干し柿と、ブランデーに漬けた十文字のさくらんぼを沢山入れたパウンドケーキ。
焼きあがったら、手作りさくらんぼリキュールをたっぷり塗る。
4・5日後からがもっと美味しくなるが、待てない。
端っこを少し。美味しい~。


d0154344_2141168.jpg

後は待ちましょう。
[PR]
by sakuraheart | 2010-12-07 22:01 | Comments(4)

大根の季節

まるまる太った大根。
今年の大根はあまり良くないようだ。
中にスが入ったり、腐敗してたりする。
干し大根の風景を、あちらこちらで見ることが出来た子供の頃。
今はそんな風景もみる事もなく、大量の沢庵漬けも漬ける事がなくなった。

d0154344_20321523.jpg


***大根1本を食す***

収穫した大根の葉は、とても固くてあまり美味しくない。
大根葉が大好きなので、秋の終わり頃に植えた大根葉を食べている。
初雪も降り、柔らかくとても甘くなった。
大根葉はごま油で炒めて、シラスを入れて味付けをし、
鰹節を入れて汁気がなくなるまで炒める。
仕上げに白ゴマを手擦りして入れる。
我が家の朝ご飯になくてはならないもの。
ご飯に混ぜ合わせて、菜っぱ飯やおにぎりにしても美味しい。

d0154344_2032446.jpg

大根・紅大根をかつら剥きにして、大根サラダを作る。
今が旬の牡蠣フライへサンチュと大根サラダのつけ合わせをする。
大根サラダにおろし大根とポン酢をかけて、ダブル大根サラダも美味しい。


d0154344_20333486.jpg

d0154344_20363098.jpg

大根グラタンスープ
大根を摩り下ろして、みじん切りのにんにくときつね色になるまで炒める。
スープを入れて塩コショウで味付け。
フランスパンと、チーズをのせてオーブンで焼き目をつける。
熱々のスープは身体が温まる。

d0154344_20345624.jpg


今年も恒例の“いぶりがっこ”作り。
いぶった大根を輪切りして砂糖・塩・酒・酢などを入れる。
いぶりがっこの即席漬けで、2日後位から食べれる。
真空にして、お土産にするととても喜ばれて、みんな楽しみにしてくれる。

d0154344_20373698.jpg

d0154344_20375423.jpg


大根の美味しい季節。

私のつたないブログへ遊びに来てくれていた方々へ

我が家の長老事
義父が亡くなりました。
畑仕事が大好きで、そんな畑仕事も今年は膝が痛くて出来ず、
日々食べる事が楽しみになっていました。
夕ご飯に、はらこ飯を作っていて、楽しみにしていたのですが、
食べる事なく終わってしまいました。
焼きたてのパンやピザなども大好きでした。

そんな訳で更新出来ずに、12月になってしまいました。
また遊びに来て下さい。
[PR]
by sakuraheart | 2010-12-04 20:55 | Comments(5)