オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

記録的な大雪の秋田。そして豪雪地帯横手。
横手に住んでいる人にとって、雪はどうしようもないもの。
それでも今年の雪は異常。
毎日雪…雪…が降り続ける…。
農業用作業小屋やビニールハウスの崩壊。
りんご・ぶどう・さくらんぼなどの枝折れ。
果樹園はすっぽり雪の中で、そこまで辿り着けないのが現状。
一番は雪おろし中の事故。
雪おろし中の転落、落雪によるもの。
雪の事故死傷者180人超す。(29日現在)
そのうち死者は10人
つい、先日その光景を目の当たりにした。
心の底から何とかならないものかと思う。
自衛隊派遣要請見送り
緊急性や生命の危険性などを考慮し『派遣の対象に該当しない』と回答。
当然、膨大な費用がかかる。

今後、雪が緩むとまた事故が発生する。
屋根からの落雪が増えるからだ。
我が家は雪おろしのいらない屋根になっている。
落雪の轟音は恐ろしく、まるで雪崩のようだ。
十分確認してからの、雪よせはしているがそんな中での事故も多い。

好天での雪作業は少しは楽。

d0154344_20491235.jpg

d0154344_20493426.jpg

自宅前のアパートの、雪おろしは途中のまま。
d0154344_20495767.jpg

玄関横の雪は、窓の上まである。

d0154344_20502273.jpg

2m近くまである。
d0154344_20505174.jpg

晴天ならこんなにきれいな風景。
d0154344_20511513.jpg

夕方にはもう吹雪いている、洗面所からの風景。
d0154344_20523975.jpg


そんな厳しい中での楽しみ。
主人はトマトジュース。私はホットコーヒーを準備しての雪作業。

夕げの香りが幸せ。
雪かきなどで疲れ切った身体に、キッチンから温かい香りが、
もう少し頑張ろうと思わせてくれるらしい。
じっくり、お風呂で身体を温めてからの夕ご飯。
だから、身体を温めるものを作る。
寒鰤が安いと言う朝のニュースで、鰤を買い求めた。
ぶりカマを塩焼きして、大根をコトコトとぶり大根。
美味しさが浸みこんだ大根はたまらない~。
とてもたまらなく美味しい。
熱燗をいただく頃には、炬燵でうたたね。
明日も頑張ってね!!


d0154344_2053490.jpg

[PR]
by sakuraheart | 2011-01-31 21:18 | Comments(4)

チェリー・ボンボン

赤くつやつやのさくらんぼ(桜桃)の季節から、厳冬の今。
分けてもらったさくらんぼたちは、ゆっくりじっくりブランデーに漬かっています。
『チェリー・ボンボン』の先生quilt4さんのレシピで作り始めて3年目。
ブログで作り方を知って、その通り何回も何回も・・、何回も。
うまく出来るコツ?と聞かれれば、数をこなすのみと答えます。
気持ちはゆっくり、作業は手早く、でもそれが一番難しい。
quilt4さんのレシピはとても丁寧で分かりやすく、
念願の可愛い『チェリー・ボンボン』に辿り着きました。


2年目は色々なさくらんぼで『チェリー・ボンボン』に挑戦してみました。
佐藤錦・大将錦・ナポレオン・そしてアメリカンチェリーのようなサミット。
みんなそれぞれ違った味になり、それぞれの美味しさがあります。

            佐藤錦
d0154344_21524761.jpg

            サミット
d0154344_21531531.jpg

          ***************チェリー・ボンボンの作り方
漬け込んださくらんぼを、キッチンペーパーで優しく水気を拭き取ります。
フォンダンを溶かし、ブランデーで混ぜ合わせます。
さくらんぼの2/3までフォンダンをつけ並べます。
手前が佐藤錦・奥がサミット。
d0154344_21535614.jpg

d0154344_21541589.jpg

テンパリングしたチョコレートをおしりの部分だけにつけます。

d0154344_21543491.jpg

固まったら、今度は枝の途中までしっかりとコーテングします。

d0154344_21545295.jpg

真っ赤な洋服をまとって、後はゆっくりと熟成するのを待ちます。
今週は『チェリー・ボンボン週間』
時間をかけて、沢山テンパリグをします。

d0154344_21551716.jpg

さくらんぼの形がそのまま残るのも美味しいし、
さくらんぼとフォンダンが溶け込んでしまうのも美味しいです。
2週間目・3週間目・1ヶ月と味の変化を楽しみます。
みんな~美味しくなれ♪~
[PR]
by sakuraheart | 2011-01-24 22:10 | Comments(6)

週末居酒屋

d0154344_21275993.jpg


あなたは家派?外派?
基本的に家飲みで、月1回ないし2回の夫婦二人の外飲み。
我が家の週末居酒屋。
夫婦二人だけの時もあるし、友人を招いてもある。
お酒が飲みたい主人と、おつまみを作りたい私。
お酒のおつまみを考えたりするのが大好きだ。
旬の野菜を中心にしてその時の魚だったり、お肉だったり、鍋になったり色々である。

今回は新鮮なイカを買い求めて、イカ料理。
まずはイカの塩辛作り。
我が家の塩辛は、イカのゴロと味噌と酒粕を入れる。
たっぷりの生姜のしぼり汁も入れる。
作りたても美味しいが、数日たって味がなじんできたのもまた美味しい。
残りを叩いて、イカメンチにした。
マヨネーズに、七味を振ったものを少しつけて食べる。

d0154344_21291353.jpg


湯沢産“ひろっこ”と柚子入り酢味噌。
ひろっこは、サッと湯がいて、酢味噌で和える。
我が家のひろっこは2mの雪の下。

d0154344_21295153.jpg

d0154344_21302645.jpg


この頃の定番になっているのが、手羽先ぎょうざ。
手羽を買ってきて、骨切りをして中に餃子の具を入れる。
今日はキャベツの代わりに、我が家の白菜を沢山入れた。
こんがり焼いて、酢醤油やチョジャンたれで食べる。
残った具でスープを作る。コンソメを入れてたまごを入れて、
仕上げに胡麻油を入れれば、中華スープの出来上がり。


d0154344_21352326.jpg

冷たいビールをいただいて、
今日は、どれにしようか? 
酒器を変えれば、ちょっと雰囲気も変わる。
唇が触れる部分の心地よいのが、
ぐい呑みも珈琲カップも大事。
ラストオーダーはいつやら?
[PR]
by sakuraheart | 2011-01-18 21:52 | Comments(4)

豆ぱん

我が家の豆たち。
d0154344_20431040.jpg

昨年は猛暑のため、育ちすぎて、豆自体が大きくならず、
例年の半分も収穫ができなかった。
黒豆は2種類。

d0154344_20434972.jpg

d0154344_20441223.jpg

ずっと引き継いでいる、大きな黒豆。
必ず、種豆にも残しておく。
もうひとつは、初めて植えたみた丸い黒五葉。
黒豆の煮た方は色々あると思うが、私は土鍋でコトコトと煮る。
前日に煮汁を作り、さび釘を入れて一晩、翌日から煮る。
土井善晴さんの煮方。
私には、これが一番合う。

金時豆は、煮て冷凍した分だけ。
小豆・金時豆は虫が付きやすく、まだまだ上手に育て収穫できない。
大豆は畑の師匠から分けてもらったもの。
ひじき煮・五目煮にしたり、常備おかずになる。
畑の師匠はこの大豆を、手作り納豆にしている。

今日は、その豆たちを入れたパン作り。
暖房の利いた部屋で、ゆっくり発酵する。
     
        黒豆ぱん
d0154344_20443779.jpg

        金時豆ぱん
d0154344_20483429.jpg

        さくらあんぱん
d0154344_204632.jpg


外はとんでもなに事になっている。
毎日のように雪が積もり、只今積雪量197㎝。
雪おろしをして、雪寄せして、雪投げをして・・・
毎日数回その繰り返しが続く。
雪おろしのいらない我が家の屋根は楽の方。
春が待ち遠しいなんて、まだまだこれからが冬本番。

家の中は、豆ぱんの甘い~香りでいっぱい!!
[PR]
by sakuraheart | 2011-01-13 21:09 | Comments(12)

美味しいおせち

d0154344_19462221.jpg


              どんなピンチもサッサと流して
                    商売繁盛
                    ありがとう


毎年買い求める清水英雄さんのカレンダー。
『色んなありがとうがテーマ』
d0154344_19471930.jpg

新橋とき蕎麦と、天ぷら屋さんのおせち。
どちらも息子夫婦からのお年賀。
蕎麦はそのままでも十分美味しい。
蕎麦粉の香りがとてもする。
いただいた辛味大根を下ろし、蕎麦つゆに入れてみると、
大根の辛みが、蕎麦の甘味を引き出す。
久々のとき蕎麦は、やはり美味しい。

d0154344_19475161.jpg

今年のおせちもまた美味しい。
宝石箱のようなおせちで、どれから食べようか~?
迷ってしまい、右上から順番にいただく事にした。
おせち以外にも、イベリコ豚の野菜あんかけ・蓮根饅頭おろしかけも作ってくれた。

d0154344_19481584.jpg

雪の中で冷えた瓶ビールも飲みごろ。
そんな料理達を、もっと美味しくさせてくるお酒。
毎年送ってくれる、無濾過生原酒も新年にはかかせない。

d0154344_19553214.jpg



今年も美味しいものをありがとう!
ゆっくりとさせてもらったお正月でした。
ありがとう!!
[PR]
by sakuraheart | 2011-01-08 20:12 | Comments(4)

白鳥

お昼過ぎ、我が家の前の田んぼに白鳥が降りてきた。
やっとシャーターチャッンスが訪れた。
近くに寄ると、飛び去るのでないかと道の方から撮ってみた。
やはりデジカメではこれが限界かなぁ~。
雪の白と白鳥の白が同化しまっている。
この先に白鳥の飛来湖がある。
その前にひと休みだろうか?
鶏インフルエンザがあってからは、白鳥への餌付けも禁止されて、
誰も行く事のない飛来湖になってしまった。

d0154344_18295065.jpg

d0154344_1830148.jpg

d0154344_18303856.jpg



お正月三が日はとても天気の良かった。
こんな晴天はここ数年なかった。
雪のまぶしさで、目が開けられない程のお天気だった。
今年はどんな天候になるだろうか?
しかし、今日は大雪。
これが本来の横手だった・・・。
[PR]
by sakuraheart | 2011-01-06 18:37 | Comments(4)