オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

美味しいかぼちゃたち

数日前から、あっちこっちで稲刈りの風景を見る。
今週末、本番となるだろう。
早生のさんさ・つがるなどが出始め、主流のふじも紅くなり始めている。
d0154344_2055456.jpg

いつもならかぼちゃの収穫が始まる。
かぼちゃ用にと隣のじっちゃんの畑を譲ってもらっていた。
伯爵12本ポット植えをして、その畑に定植したがいつになっても
雌花が咲かない・・。
雄花だけがいくつもいくつも咲くのに・・。
全滅・・・ひとつもかぼちゃが出来ていない。
誰に聞いても分からない・・野菜を作っている人をみかける度に聞いてみるが、
きちんとした答えが返ってこない。
そんな私の話を聞いた人が教えてくれた。
『ポットにいつまでもおいてないが?』
まさにその通り!!
なかなか耕せなくて、いつでも植えてもいい状態まで育っているがそのままに
なっていた。
“まぁ~水まきして枯れなきゃいいか!!”と。
『ポットの中で時期が過ぎてしまったべー』
“・・・・・・”
“あぁ・・・・あぁ・・・”
もっと早く植えてたら・・50個位のかぼちゃの収穫が出来たのに・・・。
“・・・・・・来年頑張ろう”

“九重栗”と言うかぼちゃも植えている。
このかぼちゃは収穫を迎えた。
d0154344_20573498.jpg


不思議な事にかぼちゃが集まって来た。
かぼちゃだめだどなーと言って分けてくれた。

雪化粧
ホクホクとした西洋かぼちゃ
追熟すればする程美味しくなるかぼちゃ

虹ロマン
北海道で新種改良されたかぼちゃ
まるで栗のような甘さ。
美味しいの一言。しかしこれが最後の1個。

長さん
40~50㎝程ある細長いおもしろい形のかぼちゃ。
普通のかぼちゃの2個分はある。
少しねっとり感があり、天ぷらなどにすると美味しい。
昨年もいただいたのだが、存在感が別格。
長さんかぼちゃの中身はこんな感じ。
d0154344_211407.jpg

d0154344_20582964.jpg

長さんを生地練り込んで作った山形パン
このかぼちゃのねっとりした食感ときれいな色が一番合う。
d0154344_2181676.jpg

おはぎを作った残りのあんこを入れた、アーモンドクリーム・あんこ・かぼちゃをサンドしてパイにして焼いてみた。
かぼちゃは虹ロマンで、これもなかなか合う。


d0154344_2133080.jpg

そして畑の師匠の錦糸瓜。
何個分けてもらった事だろう!!
麹漬け・味噌漬け・粕漬け・キムチ漬け
みんなみんな美味しい。
口の中でホロホロとほどける食感がたまらなく好き。
来年は苗を分けてくれると・・・
美味しいかぼちゃは“種採り”をする。
きれいに種を洗い、水分のないようにきちんと拭き取り、
乾燥剤を入れて瓶に入れておく。
自然栽培をしているある人が、
『自家採種を続ければ、必ずその畑でよく育つようになる』
“こぼれ種から芽が出て育つのはまさにその通り”と。
今年は沢山の種採りに挑戦中です。

嬉しい畑仲間さん!!ありがとう!!
[PR]
by sakuraheart | 2011-09-27 21:15 | Comments(6)

秋刀魚祭り

d0154344_20589100.jpg

d0154344_2162584.jpg



~秋の秋刀魚祭り~
秋刀魚&さくら畑の野菜たち。
友人夫婦を招いて週末居酒屋開店。
今年も美味しくいただきました。
昨年なら、大根・アスパラ菜・里芋などが収穫できたのだが、
今年はまだまだ無理。
オクラ・茄子・ピーマン・大根葉・ちぢみ小松菜など収穫したものを、
デスプレィして飲み会の始まり。
かわいいオクラの花も飲み会が始まる頃には、萎んでしまう。

新鮮な秋刀魚1箱20尾を買い求め、まずはお刺身に。

***献立***
秋刀魚の刺身
秋刀魚のつみれ揚げ
秋刀魚のおろし揚げ
椎茸の海老詰め
八角オクラの肉巻き
漬け物
************

d0154344_2102365.jpg

d0154344_20593833.jpg


d0154344_2111891.jpg


新鮮で甘いさんまの刺身は、もみじを添えて。
秋刀魚のつみれには定番ごぼう・人参の他に黒豆の枝豆を入れ、
秋刀魚のおろし揚げには、素揚げの野菜とオクラのとろとろをのせ
だしをかける。
規格外の椎茸をいただいたので、前日の海老餃子の具を詰めて一品出来上がり!
八角オクラにあんず梅干しを入れて、豚肉をクルクル巻いたもの。
梅肉も美味しいけど、あんず梅の果肉がオクラと相性抜群。

d0154344_2123513.jpg

d0154344_2131799.jpg


漬け物はなすの一夜漬け・きゅうり・みょうがのしば漬け
塩わらびを戻してみずのこぶと混ぜ合わせて、新生姜に刻んだだけの簡単漬け物。

次回は友人夫婦宅で“鍋会”になります。
楽しみにしていますよ~。
[PR]
by sakuraheart | 2011-09-20 21:11 | Comments(4)

今月のパン教室

今月のパン教室は“ケーク・サレ”と“マーラカオ”
8月はお休み為、2ヵ月ぶりのパン教室。
アスパラガス・人参・オクラ・ゆで卵・ウィンナー
先生の手作りセミドライトマトの赤・黄色とピーマンなどで、
飾りオーブンで焼き上げます。
色とりどりの野菜たちが笑っているかのような・・・
目でも美味しさを感じる“ケーク・サレ”です。

初めて食べた時は、とても不思議な感じがしました。
甘いと思って食べたケーキが、塩味にハーブのスパイスが利いてて、
ちょっと苦手でした。
しかし、教室で教わった“ケーク・サレ”は美味しい~。

d0154344_2131125.jpg

d0154344_21411.jpg

マーラカオを蒸して、美味しいランチの始まり。
d0154344_2145473.jpg


先生のお宅のかぼちゃで、ポタージュを作り、野菜サラダに果物。
手作りのトマトケチャップが、とても~とても美味しくて、
ランチプレートは美味しさいっぱい。
d0154344_215429.jpg

d0154344_216154.jpg


さて、来月は何のパンでしょう?
[PR]
by sakuraheart | 2011-09-14 21:14 | Comments(12)

まんず、んめ!うめ?

昔ながらの季節のしごと・・・梅仕事。
私が梅をつけるようになって3年目。

         青梅
d0154344_1355396.jpg

         あんず
d0154344_13552959.jpg


朝ご飯に『魔よけ』として必ず食べる。
ごはんの上に少量の梅干しをのせて、
食べる習慣のある我が家の梅をどうしよう?
いつかは亡義母の梅干しはなくなる。

         あんず干し
d0154344_13564214.jpg

この梅干しは簡単。
ただし、良い梅と良い塩。
これだけを守ると必ず美味しい梅干しが出来る。
梅雨になれば梅を漬け、土用になれば漬けた梅を干す。
これもなし、
朝市で毎年決まったじっちゃんから、梅とあんずを買い求める。
これで良い梅は決まり!!
良い塩は天然塩。
『塩梅』などの言葉はここから来たのだろうか?
とにかく塩が決め手。
少々高くても美味しい梅干しになるのなら、
みんなが喜んでくれるならと奮発する。
後は、ザラメと酢を入れて時々位置を変える。
9月に入った秋晴れの日を選び、3日間干す。
我が家は赤紫蘇を入れない自然の白干し。
今年はこの梅干しをちょっと粋な蓋付きの器を買い求め、
友人にプレゼントしようと考えている。


d0154344_13571654.jpg

さくらんぼを分けてもらった知人の農園で落ち梅拾いもした。
傷が付いているが熟れた美味しい梅は簡単にジャムに出来る。
冷凍のままグラニュー糖を入れて煮詰める
そして毎年作ってもらっている紫蘇ジュース。
猛暑の畑仕事の合い間に何度飲んだことだろう。
もうひと仕事頑張ろうと思わせてくれる。


d0154344_13582453.jpg

梅酢は天然の調味料。
白梅酢を使った秋さんまの酢じめ
ちょっとわさびをつけてもいいし、
てまりのようにおすしにしても、もちろん美味しい。
まんず!んめ~・・・梅?
[PR]
by sakuraheart | 2011-09-10 14:10 | Comments(2)
d0154344_12163114.jpg

d0154344_12171262.jpg


とても居心地のいい空間それはキッチン。
出窓のキッチンが好き、そこから見える風景がもっと好き。
今年は大豆畑が一面に見える。
数年前は一面がそば畑。
朝起きて窓を全開にすると、暑い夏でも風がよく通る。
秋野菜を植える為にトマトは全て撤去した。
今年のさくら畑のトマトは豊作で沢山いただいた。
トマトさんありがとう!!
ひと休みして、トマトソース作り。
収穫したトマトは出窓棚におき、もう少し追熟させる。

d0154344_12284100.jpg

トマトベリーは青いままだが、飾ってみても素敵。
沢山のトマトを見ているだけで幸せな気分になる。
そしてトマトの種類に分けてトマトソース作り。
桃太郎・ボンリッシュ・ルンゴと3種類。
それぞれのトマトの色がある。
そして味の違いもある。
d0154344_12204657.jpg

d0154344_1221853.jpg

ルンゴのトマトソースでビーフトマトシチュー。
d0154344_12213844.jpg

ルンゴの断面はこんな感じ!!
オクラなどの野菜も入れて作る。
我が家で食卓に牛肉が出るのは、すきやきとこのシチューの時。
あんまり食べないと言うか?高価な牛肉程お腹を壊す人がいる。
お盆前に収穫したじゃがいも(はるか)をマッシュポテトにして添えて、
トマトが利いたビーフシチューの出来上がり。
d0154344_12222633.jpg

後のトマトソースは冷凍庫へ保存。


d0154344_12235973.jpg

大量のししとうの収穫
d0154344_12242775.jpg

今年のししとうは少し辛味が強いように思う。
炒めて食べると、時々とても辛いのに当たる。
まるで罰ゲームの様。
近くにとうがらしを植えているわけでもないのに、大きくなるにつれて赤くなっていく。
それでこの辛味も利用して、万能味噌の『ししとう味噌』を作ることにした。
味噌は麹つぶ味噌を1K使用し、後はみりんと砂糖とお酒。
ししとうはペーストと細かく刻んだ物とで合わせて100本程。
3日間とにかく煉る・・・よ~く煉る・・・
ししとうの陰さえ見えない!!
よ~く煉ることで日持ちもする。
このししとう味噌に、ラー油・酢などを入れて餃子タレにしても美味しい。
いつも我が家で育ててない野菜を分けてもらう彼女におすそわけ。
残りは手作りラベルを貼り出来上がり!!
d0154344_12263890.jpg

万能味噌として活躍するだろう。
[PR]
by sakuraheart | 2011-09-03 12:36 | Comments(7)