オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

GOPANでアレンジパン


あんなに話題になったGOPAN。
GOPANを購入された方どうだったでしょう。
お米でパンを作って朝食に!!出来ているでしょうか?
我が家にGOPANがやってきた季節は夏。
とにかく猛暑の中での毎日の格闘!!
そんなGOPANがまた・・また・・やってきた。
季節は冬。
今回は講習会のGOPANでアレンジパンを作る。
この米パンはごはんに合うおかずが良く合う。
のりの佃煮・きんぴらごぼうなどなど・・・。
そして色々食べてみてびっくりが・・、
なんと秋に作った“ししとう味噌”美味しい米麹味噌と煉り“ししとう味噌”にした。
その味噌がとてもこの米パンに合う。
ごぼうのサラダ・かぼちゃのサラダものせてみた。
テーブルロール。
d0154344_15413896.jpg

d0154344_15513359.jpg

今回は大量に焼くので、朝に全部作るのは時間的に難しい。
夜寝る前に成形までして冷蔵庫に入れてみた。
翌朝、ストーブ前に成形したパンをおいて発酵させる。
d0154344_1542356.jpg

発砲スチロールにマグカップにお湯の初期のパン教室での
発酵の仕方も簡単。
一度に沢山の発酵の加減も見る事が出来る。
きんぴらごぼうパン・ウインナーパン(カレー粉入り)
カレーの香りが子供の好きそうなパンが出来上がった。
d0154344_15432661.jpg

d0154344_15435046.jpg

d0154344_15442739.jpg


しっとりもちもちと焼きたてはとても感じるが、
固くなったパンもレンジで30秒程ラップなしでふわふわになる。
食べ応えがあり、必然として噛まないといけない米パン。
もっともっと給食にも普及すればいいと・・・。
この米パンに合うおかずは何だろう?
数日そんな事ばかり考えている。

パンの形をしたご飯。
GOPANの旅は続く・・・。
[PR]
by sakuraheart | 2012-02-22 15:53 | Comments(8)

ショコラcake


バレンタインのチョコレートのお菓子作り。
色々作るので大変なのだが、とても楽しい時間でもある。
チェリーボンボンは熟成を待つばかり。
今年はテンパリングの時期が遅くなり、お披露目には少し時間がかかる。
とても大粒のアメリカンチェリーのようなさくらんぼ“サミット”は
まださくらんぼがゴロンと残り、これはこれで美味しいのだが・・・。もう少しおこう。
d0154344_12142748.jpg

d0154344_12144563.jpg

チェリーボンボンを閉じ込めたフォンダンショコラ。
すぐにいただくのなら、焼き時間は6~7分程。
でもプレゼント用なのでしっかり16分焼きましょう。
チェリーボンボンのフォンダン・チョコは、溶けだして回りのチョコレートと一緒になる。
とても濃厚なお菓子。
d0154344_12154553.jpg


さくらんぼ“ナポレオン”の、3年物ブランデー漬けを刻んで入れたガトーショコラ。
焼きたてより数日おいた方が断然美味しい。
しかし、流し込んでトントンと整えなった為、空洞の層が出来てしまった。

d0154344_12161955.jpg

d0154344_12164054.jpg

d0154344_12171014.jpg

d0154344_12173531.jpg


今年初めて作る、さくらんぼのブランデー漬けを1個入れて作るソフトチョコレートケーキ。
カヌレ型を買い求めての試作なのだが、形がきちんと仕上がらない。
あまりに小さすぎるのだろうか?
チョコレートが多すぎるから固すぎるのだろうか?
型に入れてからトントンとしたけ?
そんな事を踏まえて再度挑戦!!
2度目はまぁまぁ~の出来栄え!!

d0154344_1226641.jpg


いびつなのを、雪かきの休憩タイムに珈琲と一緒に出した。
換気扇からの甘い甘い香りがたまらなかったらしい。
雪かきの重労働のホットひととき、チョコはほっとする。
いびつだけど味は保証付き。
今回はあまりうまくいかない・・・・・・??

本当にお菓子作りは難しい。
だからこそ思い通りに出来たら嬉しい。
そして“うめごどー”なんて言葉をもらったら、また嬉しい。
主人バレンタインBOXはこれ!!
d0154344_12203919.jpg

[PR]
by sakuraheart | 2012-02-15 12:38 | Comments(10)

チェリー・ボンボン


d0154344_1524553.jpg
数か月すると、こんな光景が・・・
あぁ・・・・早く来て欲しい・・・。
d0154344_145604.jpg


チェリーボンボン用さくらんぼは、
ゆっくりじっくりブランデーに漬かっている。
『チェリー・ボンボン』の先生quilt4さんのレシピで作り始めて4年目。
この時期は、温度管理に苦労する。
暖房を入れると室内温度が上がり過ぎ、少し厚着して
テンパリングの数をこなすことによって色んな事が分かる。
ちょっとしたコツが分かる。
とにかく、丁寧にすばやく作業する。
quilt4さんのレシピはとても丁寧で分かりやすく、
可愛い『チェリー・ボンボン』の出来上がり!!
d0154344_14572155.jpg

サミットはアメリカンチェリーのようなさくらんぼ。
大きて肉厚で、とても豪華なチェリーボンボンが出来る。

今年は“南陽”も仲間入り。
上の保存瓶の右側が南陽なのだが半年以上もなると、
ブランデーと溶け込んで、♪~黄色さくらんぼ~♪
d0154344_14584213.jpg

d0154344_14592658.jpg

d0154344_159173.jpg



南陽のフォンダンには、さくらんぼのリキュールを入れてみた。
とても食べやすくて、テンパリングを終えてすぐでも美味しい。
南陽は金色のお洋服。
サミットは赤いお洋服。
チェリーボンボンの中の、さくらんぼの形がそのまま残るのも美味しいし、
さくらんぼとフォンダンが溶け込んでしまうのも美味しい。



ブルームのできたチェリーボンボンも失敗の副産物。
チョコレートのお菓子の中に閉じ込めてしまおう。
今年は可愛いカヌレ型を買い求めた。
さあ~美味しくなれ~♪
[PR]
by sakuraheart | 2012-02-05 15:13 | Comments(8)