オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トマト普及委員

d0154344_1014192.jpg

隣の大豆畑が今年は田んぼになった。
田おこしされ、水が張られ田植えとなった。
今年は、蛙の合唱に悩まされることでしょう。
d0154344_10141576.jpg

『サントリー 本気野菜』
食べてみたい、を育てよう。

今年で4年目の挑戦。
昨年もイタリア・フランスと色々なトマトを植えてみた。
d0154344_1014521.jpg

摩り下ろして使うルンゴ
煮込みトマトとして使うと美味しいボンリッシュ。
サラダトマトのズッカなどなど。
トマト普及委員(勝手に命名)の私の今年の挑戦。
昨年種とりをした、数種類のトマトの種から苗を育てて植えてみる事。
完熟したトマトの種を取り除く優しく水洗いをして、クッキングペーパー
で水気を取り除き、乾燥させる。
ポットに野菜用培養土を入れて軽く押さえる。
押さえておかないと、ポットから取り出した時にバラバラになる。
木の棒なので、浅い穴を開けて小さい薄い種を2・3粒おいて、
上から軽く土をかぶせて、水やりをする。
そんなトマトたちがやっと芽を出した。
d0154344_108463.jpg

サントリーのトマトシリーズでは面白いネーミングがある。
かんたんルビーノ・たんさんガンバ・すずなりバンビ。
どれも楽しくなるネーミング。
イタリアントマト苗は通常よりも価格が高く使い勝手が分からない。
トマトの種とりをしてて正解・・・良かったぁ~
黄色い桃太郎は買い求めて風邪除けを被せて準備はOK!
ビニールの中では黄色い花が咲いている。
もう少し暖かくなり、ビニールの上まで苗が伸びたら外してあげよう。

d0154344_10213724.jpg

d0154344_10255539.jpg

トマトとピーマンをかけ合わせた品種はトマピー。
種とりしてあったのでこちらは芽出しをしてみて植えてみた。
湿らしたガーゼに種を包みビニー袋に入れておく。
浸水して芽出しするやり方も簡単。
かぼちゃはこちらの方法でやってみた

d0154344_10161958.jpg

今年のかぼちゃは北海道で作られた虹ロマン
とても美味しかったので種をとっておいた。
あんな美味しいかぼちゃが作れたら嬉しい。
そんなかぼちゃたちには畑のとっておきの場所を用意した。
独活の前の広い場所でヤーコンの隣に植えてみよう。
長さんかぼちゃは畑の師匠のおすそわけを期待して。
d0154344_10165658.jpg


枝豆もいんげんも少しずつ育ちはじめ、玉ねぎも膨らみはじめ、
ビタミン菜は間引き菜をお味噌汁に入れたりして食べている。
少しずつさくら畑の野菜たちも集まりだした。
[PR]
by sakuraheart | 2012-05-27 10:29 | Comments(14)

今月のパン教室

今月のパン教室は“TEE ROLL”と“ハムロール”
久々のとても良い天気。
パン教室までの道のりも、前日の雨で山々の緑がより一層濃く鮮やかに映る。
d0154344_13372345.jpg

d0154344_13375216.jpg


市内では少しずつ田植えが始まっていた。
でも少し寒そう。県南の早いところは今週末当たりからだろうか?
どちら以前に作った事がある菓子パンと惣菜パン。
TEE ROLLにはカスタードクリームとココアクリームのトッピングをしてから焼き上げる。
もちろんパン生地の中にも、クリームとチョコチップが沢山入っている。
焼き上げたばかりのパンは、
“アデランス”・・・なんて・・・爆笑してしまう・・・。
オーブンの窓からのパンの光景がとにかく大好き!!
d0154344_13383310.jpg

d0154344_1339334.jpg



ハムロール
こちらも期待を裏切らない味。
パンプレートには野菜サラダと焼きたてハムロール。
ハムを生地の中に巻きこんで、
シーチキン・コーン・玉ねぎを、マヨネーズで和えて塩・コショウで味付け。
カレー粉を生地に入れても良いし、ウインナーを切ったものを乗せても、
チーズをかけても美味しいかも・・・・。
d0154344_13393567.jpg

d0154344_1340476.jpg

今日のお持ち帰りは、
d0154344_13434742.jpg


今回も美味しいパン教室でした。
ありがとうございます。
[PR]
by sakuraheart | 2012-05-15 13:49 | Comments(6)

独活と蕗

d0154344_11235590.jpg

隣の田んぼも耕し始めた。
蕎麦畑と大豆畑は田んぼになるようだ。
大好きなこの風景は草木がより一層濃く、
なんだか春の始まりを感じる。

嬉しい忙しい!楽しい日々がやってきた!
畑は私の癒しの場所。
今年はどんな野菜を作ろうか?雪溶け頃からそんな事をあれこれ考えるのも
楽しい時間。
秋田は春の作業も遅く、桜の咲く頃から種蒔きや苗作りが始まる。
GWなどでもまれに霜が降りる事がある。
昔からの言い伝え『畑のものわー桜さいだらー植えるべやー』
無理して野菜種を植えても土の温度が上がらずに発芽できない。
d0154344_11255229.jpg

前もって発砲スチロールの中で種まきをし、
ビニールなどを被せて発芽させる野菜種もある。
こちらは昨年種とりをした細いトマトの芽。
やっと芽を出してくれた。

d0154344_11262521.jpg

d0154344_11265254.jpg

早生枝豆はこんなかわいい頭を出し始めた。
成長が早い方は蝶々のようにも見える。
実つきが良くてちょうどお盆前には食べられて、
楽しみに待っていてくれる人もいる。
湯上り娘に秘伝と黒豆は直まきにする。

今年は雑草いらない派のマルチ栽培に徹底した。
仕事もしている為、畑にいる時間が限られている。
癒しの時間がストレスになる事もある為、極力草取りはしたくない。
どうしても畑の回りは草取りをしなくちゃならないので、
後は畝をマルチで覆って草取りは省きたい。
マルチの良いところもうひとつ。
地温を上げて土の水分を適度に保つ効果があり、マルチの中の土はホカホカ。

籾殻を混ぜた完熟堆肥はほとんど匂いがしない。
これに米ぬかを混ぜる。
この米ぬかがえらい!!
漬けものだって出来るし、秋田名産“ハタハタの糠漬け”にも、
堆肥に混ぜると野菜が甘くなるよ!と
教えてもらい昨年から追肥として使っている。
この米ぬかには野菜が育つのに必要な栄養が沢山あるらしい。
何よりも安全な有機肥料が一番。
これにプラスしてヨモギ発酵液とハーブ発酵液を作る予定。
ヨモギは摘んで、黒砂糖を混ぜてある。
1週間程したら、濃い液体が底に溜まり始めるだろう。
液体はペットボトルに入れて緩めて蓋をして保存しておく。
水で少量の発酵液を入れて、野菜に与える。
ハーブなども虫が嫌うため、とても良い野菜カンフル剤になる。
発酵液を作らなくても、ハーブなどを摘んで水につけておく。
その水をジョーロに入れて野菜に与えるだけでもOK。
これは畑の師匠に教えてもらったコツ。

d0154344_11273391.jpg

d0154344_1134338.jpg

うどと蕗を少し収穫する。
何故がうどとニシンが合う。今だけの出会いもの。
うどを煮たお汁を少し甘めにして鰊を煮るのが我が家流。
うど皮のきんぴらも美味しいし、
うどの芽の方を天ぷらにいただくのも美味しい。

d0154344_11294721.jpg


この蕗の鮮やかな色も好き。
ひじきを合わせて常備菜にする。
こんなおかずが身体に優しい。
[PR]
by sakuraheart | 2012-05-10 11:43 | Comments(6)

わさおに会いに行く


d0154344_128178.jpg

GWの一日、『わさお』に会いに行く。
実は、週刊新潮で春色望景と題して、
青森県鰺ヶ沢の岩木山の麓の菜の花畑が載っていた。
この景色を期待して向かったのだが、少し早いようで菜の花はまだまだ・・・。
d0154344_12113952.jpg

そう良く見ると岩木山の雪も多く、道端には残雪があった。
せっかく来たのに・・・。
以前鳥海山の麓の菜の花畑に行った際も、もうすでに菜の花はなく・・。
自然の風景は旬がある。

d0154344_12928.jpg

d0154344_1292687.jpg

d0154344_1294469.jpg

でも『わさお』に会えた。
散歩が終わった後の為、傍に行けずに少し離れてパチリ!!
あれ?あれ?なかなか正面を向いてくれない。
『わさお・・・・わさお・・・』
あっちでもこっちでもパチリ!パチリ!
たぶんわさおにはみんなの声が聞こえているはず、でもそんなのに左右されない
存在感のあるわさお。
ぶさかわなんて・・・かわいいよ。
もちろんイカ焼きもイカスミ珍味も買ったよ!わさお!!



菜の花があきらめられない主人は秋田県大潟村の桜・菜の花ロードに向かった。
d0154344_12143243.jpg

d0154344_12145267.jpg

すごい・・。圧巻・・のひと言。
14Kも続くこの風景。
あまりの人ごみの為、必ず人影が映ってしまうのがまた残念。
出来るのであれば、道の真ん中で移したらどんなにきれいだろうか・・・
何年もかけて少しずつ植えていった桜の木。
八重桜はこれからだから、・・・まだまだ楽しめるはず。
もし葉桜でも菜の花だけでもとてもきれい。

風か?鳥たちが運んで根付いたの桜の木。
今年で4年目。昨年も葉っぱのみで今年も葉っぱのみ。
でも昨年よりは数段多く葉をつけてきている。
来年こそは花を見せてほしい我が家の桜。
[PR]
by sakuraheart | 2012-05-05 12:21 | Comments(2)

さくら畑始動開始

d0154344_1925518.jpg

さくら畑始まりました。
我が家は堆肥にもみ殻を混ぜたものを、全面散布して耕します。
耕運機の姿を見ると、必ず現れるのがこの“カラス”
耕し始めるとどこからともなく出現。
隣の田んぼでもこの“カラス”が・・・。

これで2回目。
後はマルチして、いつでも植える事ができるようにしておきます。
このマルチの作業が重労働。
d0154344_19105910.jpg

でもこれさえすると、雑草取りに楽。
雨日の翌日には青々と伸びた雑草が憎らしい。
幼い頃、道草して遊んだ“ひっぱりっこ”や姫踊草なんて名前がついているが、
私には毒キノコのように見えて、さまざまな雑草との戦いになる。
でもそんな雑草も良く見ると可愛らしい花をつける。
これはmomoさんのブログで知った嬉しい感動。
まじまじと見ることなく引っこ抜いていたのが、
あら!かわいいハコベの白い花。
こちらは姫踊草。
d0154344_19121976.jpg


今年のじゃがいもは、4種類(メークィン・きたあかり・こがね・シャドー・クィーン)
昨年は収量も大きさもいまひとつだったので、今年は楽しみ。
半分に割って灰汁をつけて、足ふたつでじゃがいもをおいていく。
土をのせてまずはじゃがいも植え終わり。
シャドークィーンは、去年収穫してものをこれから植える。

d0154344_19182515.jpg

今年は雪溶けが遅く、蕗はまだ出始めたばかり。
もう少ししたら、柔らかい美味しい蕗がいただける。
『きゃぶき』にしご飯に混ぜて蕗ごはんにする。
ふきのとうの大きくなった茎を、甘辛く煮て冷凍する。
箸やすめにもとても美味しい佃煮。

昨年の秋に、植えた玉ねぎもすくすくと育っている。
とうだちせずに玉ねぎの部分だけ大きくなって欲しい~。
d0154344_19194867.jpg

d0154344_19134526.jpg

ポット苗のいんげんも芽を出し始めた。
毎朝そんな出会いが嬉しい!!
早くみんな出ておいて!!
[PR]
by sakuraheart | 2012-05-03 19:30 | Comments(6)