オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今月のパン教室

今月のパン教室はピタと生徒のおひとりさんのリクエストの
ビーネンステッヒ。
d0154344_222278.jpg

d0154344_22103482.jpg

ナンやピタなどのような簡単なパンも大好き。
粉の美味しさがシンプルに伝わる。
でもシンプルなのだが、私のは膨らまない。
麺棒を当てる加減?なのだと思う。
3つともきれいにオーブンの中で膨らんだのは、
十分が成型して薄く大きく見えた。
オーブンに入れたら、すぐにふく~と中央から膨らみはじめて、
きれいな焼き色もついていた。
d0154344_224297.jpg

d0154344_2245648.jpg

『何回作ってみて、コツをつかんで下さい~』と。
フランスパン・テーブルロール・ロールパンなどシンプルな配合ほど
難しい~と本当に感じる。
今日のピタには、
野菜とメンチカツを入れて先生手作りのトマトケチャップをのせて食べた。


もうひとつは、ビーネンステッヒ。
名前からしてドイツのパンだ!!と思う。
トッピングを煮詰めた様子が蜂の巣のように見えるので、
そこから来たネーミング。
甘い~パンなのだが、誰でも好きだろう!!と思わせてくれる。
アーモンドの焦げたところも香ばしい。
d0154344_2272521.jpg

d0154344_2274743.jpg

今日は横手から朝採りたて“アスパラガス”を持参。
来月のパン教室はぴかぴかさくらんぼ。
今、こちらではさくらんぼ祭り開催中。
[PR]
by sakuraheart | 2012-06-23 22:11

美味しさ発見

d0154344_1029675.jpg

d0154344_10292917.jpg

さくら畑からも鳥海山が見えるのだが、
我が家の二階から、こんなにきれいに見えるのは年に数回。
田んぼの稲もスクスクと育ち、雲さえ魚に見える。


春のランチ会。
いつもならさくらんぼの時季なのだが、少し早目のランチ会をする。
常備菜も含めて、今が旬の野菜の串揚げに決まり!!
さくら畑からの食材。
さやえんどう・二十日大根・ビタミン菜・蕗・玉ねぎ・かぶ
朝市で買い求めたわらび・アスパラガス・きゅうり
こちらは彼女たちへのお土産用にしよう。
d0154344_10314826.jpg

d0154344_10463875.jpg

d0154344_1032957.jpg

ピンポン玉位の小玉ねぎ。
まるで“すぐり”のようで可愛い~。
この玉ねぎの美味しさに友人たちはびっくり!!
これだから~やめられない野菜作り。
この美味しさ発見をして欲しいので野菜作りも、
料理方法も考える。
実はこの玉ねぎは大きくなれずにこの大きさ。
失敗したのだが、ギュッと凝縮された美味しさ。


d0154344_1033496.jpg

いつも規格外を分けてもらえるのだけど、
時々こんなおばけ椎茸に出会える。
15×20程のトレーに収まる位のビックサイズ。
それでも肉厚で美味しい椎茸。

***ランチ会のメニュー***
ウエルカムドリンク
冷抹茶

お惣菜
ひじきと蕗の煮物・ビタミン菜の白和え・わらびのおひたし・さつまいものオーブン焼き
トマトのバジルソース・わらびと筍の煮物

串揚げ
アスパラガスの生ハム・椎茸・小玉ねぎ・さやえんどう

ご飯
しょうがご飯とかぶとしらすのふりかけ

漬け物
きゅうりの粕漬け・かぶ・きゅうりの辛子漬け・二十日大根の麹漬け
みょうがの梅酢漬け・なすの浅漬け

d0154344_1036379.jpg

d0154344_10372532.jpg

d0154344_10401119.jpg



デザートにはチーズケーキ。

食べておしゃべりして・・・・
食べておしゃべりして・・・・
あっいう間に時間が過ぎて行く~。
[PR]
by sakuraheart | 2012-06-12 10:53

心を耕す

d0154344_1446089.jpg


心を耕す~『大豆100粒運動』
食料需給率、食の安全、安心ともっとも基本的な問題。
TPPも含め、これからの日本の農業、
そして地方・都市によっても共有できない不安。
危機感を抱き、何か手立てを訴え続けてきた料理研究家の辰巳芳子さん。
命のスープでご存じの方もおられるのではと思いますが、
日本中に大豆を蒔こうと発案されたのです。

どれほどの国産大豆が使われているだろうか。
大豆の需給率は4~5%内に止まっており、
内外の価格差がその問題となると言えるらしい。
もし世界的食糧不安が起こったら、どうでしょう。

豆好きが高じて色々な種類を育ててみたのですが、
その難しさと収穫後の手間のかかるのにはびっくりします。
枝豆は割と簡単なのですが、小豆に関しては本当に虫にやられてしまいます。
我が家は消費する量なのですから、仕事とする農家ならなおさら大変な作業。
そして安価にはさらにびっくりします。

大豆は良質のたんぱく質を摂取でき、
高い栄養価に加えて、様々な加工品になります。
枝豆は、もちろん美味しい!!
しかし、枝豆を完熟させて大豆にするとその用途はさらに広がります。
蒸して納豆ができます。
炒ってきなこができます。
豆腐・味噌・醤油などの加工品になります。

私がもっとも大事に思う事は収穫の一部を残して『種豆』にする事です。
『命をつなぐ』事は昔からあたり前のようにされていた事。
一粒からどれ程の大豆が育てられるでしょうか?
そして地方ならではの地大豆があります。
こちらの地域では五葉豆の美味しさを受け継いだ“あきた香り五葉”があります。
今年はこれを分けてもらい1畝植えました。
あきたさやか・湯上り娘・・・色々な種類の枝豆があります。
今年の枝豆は、早生枝豆・あきた香り五葉・湯上り娘・秘伝。
枝豆は85~90日程で収穫できますが、秘伝に関しては120日かかります。
でも秘伝の美味しさは格別です。
乾燥しても青大豆のままで、その秘伝で作る豆腐は絶品です。
今年はこの秘伝豆腐を友人夫婦と作る計画をしています。
美味しい寄せ豆腐で“一杯”しよう!!

大豆100粒運動は大豆を植える事に始まりますが、
子供達に食物の大切さを心と体で実感してもらう事らしいです。
d0154344_14533777.jpg

代々受け継いでいる黒豆。
d0154344_144904.jpg

昨年の種豆として残した金時豆。

色んな豆たち、どんな顔を覗かせてくれるだろう?

More畑仕事にはおやつが必要。
[PR]
by sakuraheart | 2012-06-05 14:59