オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

納豆が味噌

納豆汁はどうやって作るの?
県南・横手では冬によく納豆汁が食べられる。
仏事ではもちろん、お正月やみんなが揃うと納豆汁となる。
私は納豆汁の匂いが苦手。
納豆を入れる前に、小さい鍋に取り分けてそれをいただく。

d0154344_1632020.jpg

d0154344_16323363.jpg

d0154344_1633305.jpg


材料が揃わないと作らないし、やはりこの材料でないと、
“納豆汁”を作ろうと思い立たない。

まずは春に採って塩漬けしたわらびは、前日から塩だしをしておく。
秋に山で採れたきのこ“さわもだし”
秋にさくら畑から収穫して保存しておいた里芋とネギ。
後は豆腐・油揚げ・粒納豆は買い求める。

昨年はきのこの“さわもだし”が不良で、
このひと瓶で終わりになってしまう。

d0154344_16342113.jpg

里芋を細かく角切りして水と鍋に入れて煮る。
同じく角切りしたわらび・豆腐・油揚げを入れて味噌を入れる。
ひと煮たちさせて、納豆を入れる。
納豆が“味噌”なのだ。
d0154344_1635179.jpg

すり鉢でつぶしてすって、この納豆の塩梅で納豆汁が決まる。
各家々の納豆汁になる。
今は納豆汁の素が売られているのだが、市販の物はツンっとした味がする。
納豆を潰すのは少しめんどうなのだが、
だからこそ、まろやかで美味しい納豆汁が出来る。
d0154344_16365180.jpg


d0154344_16354482.jpg

山の芋“げんこつ”
d0154344_16361193.jpg

すり鉢を出したついでに、“山の芋”でとろろを作った。
丸く丸く摩り下ろす。
煮干しと昆布で少し濃いめの味噌汁を作って、その上澄みを少しづつとろろに入れて、
すりこぎ棒でゆっくり丸く混ぜる。
ゴリゴリ・・・また少し味噌汁を入れて、ゴリゴリ・・・。
すり鉢底の溝がすりこぎ棒と擦り合って、優しくゴリゴリと音がする。
薬味は細ネギ・海苔・山葵などでお好みでいただく。
今日は昨晩作った“かぶ葉のしらすふりかけ”をのせる。

d0154344_16372026.jpg


雪仕事で冷たくなった身体には、この納豆汁ととろろご飯は優しい。
[PR]
by sakuraheart | 2014-01-23 16:42

春祈祷

d0154344_15333038.jpg


山々は雪で覆われている。
作業小屋もすっぽりと雪の中・・・風情はいいのだけれど、
平年と比べても雪の量は多い。

昔から自宅まで来ていただき、御祈祷をしてもらいます。
家内安全・商売繁盛・無病息災・五穀豊穣を祈ってもらいます。
神饌(御頭付きの魚・供物・お米・お神酒・塩)などをお供えし、
一升のお米の上には御初穂と御幣がさされ、御祈祷してもらいます。
d0154344_1535135.jpg

ぶりこたっぷりのハタハタと我が家で収穫したネギや里芋などが
並べられます。
買い求めず出来る事に感謝します。
御幣は家の中のいろんな場所におかれ、見守ってくれます。

d0154344_15354443.jpg


春祈祷が終えると、少し安堵・・・
寒さが増してきました。
[PR]
by sakuraheart | 2014-01-20 15:30

今年も大雪

d0154344_1848494.jpg

雪・・雪・・雪。
振り続ける雪に遥か向こうまで霞んで見える。
朝、主人が2時間程雪よせをしていた。
平年の朝は1時間程ですませるのだが、雪の量が半端なく降り続ける。

ここ3年程大雪が続いて、
今年はもう平年の3倍にもなっている。
短期間で降り積もる為、除雪が間に合わなくて、渋滞が余儀なくされている。
d0154344_1849595.jpg

道路に近い両側には、1m60㎝程の壁が出来ている。
この赤い棒は除雪車の目印。この棒の下2mは雪に埋もれている。
我が家は雪下ろしがいらない分楽なのだが、
今にも落ちそうなこの雪に・・・
d0154344_18503486.jpg

d0154344_18511695.jpg

d0154344_1851408.jpg


BSアンテナに氷柱が下がり、もちろん受信ならず視聴出来ない。
車庫の上は今にも落ちそう。
2階の窓から見える雪。

今期最高の寒さと雪の予報に準備する。
d0154344_18533198.jpg

d0154344_18535815.jpg

買い物もすませておき、塩蔵したうどやワラビの塩だしをする。
あぶらこごみも塩だしをして煮ものにする。
うどは白和えにして、ワラビは納豆汁にする。
d0154344_18544022.jpg

雪よせの後の納豆汁が堪らないそうだ・・・。
温まった納豆汁の匂いが苦手で、私はあまり好きになれない。
お店には納豆汁の素までが売られているので、
秋田の冬にはかかせない温まる味噌汁。

昨年にハタハタ寿しを漬けた。
お正月のお膳ではまだ少し早いようだった。
d0154344_18553999.jpg

d0154344_1965350.jpg


そのまま食べるのも好きなのだが、さっと炙る。
『焼く』と言う表現より『炙る』がぴったりする。
さっと火で炙る。少し焦げたらそれでいい。
これが小さい頃から大好き。甘くて少しすっぱくて・・・
ナント?表現しようか?
やはり甘くてすっぱくて・・・。
しめ鯖もサッと炙って食べるのが大好きだ。

この雪が解けて春の来るのが待ち遠しい。
[PR]
by sakuraheart | 2014-01-14 18:56

d0154344_20432112.jpg

明けまして
おめでとうございます。

大晦日は、年越し蕎麦作りから始まります。
例年であれば主人も一緒なのですが、
仕事の都合があり、私だけの蕎麦打ちになりました。
1年に1度だけの蕎麦打ちなのですが、思い出しながら・・・
これが案外うまく行きます。
d0154344_2045179.jpg


そして、
神棚のしめ縄は新しいものに代え、鏡餅・お米・お酒をお供えします。
歳神様をお迎えする御膳はお頭付きにご飯とお吸い物。
今年は沢山のハタハタをいただいたので、ハタハタのぶりこ焼き・ハタハタの燻製
ハタハタ寿し・大根なます・金時豆煮・きんぴらごぼう・なすの花すし・なすのこうじ漬け・いぶりがっこ
こうして眺めているとみんな地元の物で、改めて秋田はすごいなぁ・・と感じます。
d0154344_20453528.jpg


健康にいられますようにと今年も願います。


翌日、美味しい美しいおせちも届きました。
息子夫婦のお店で丹精込めて作ったおせちです。


d0154344_20462162.jpg


****おしながき****
鰆西京焼・とうふよう・唐墨・鴨ソース煮・炙り〆かます・じゃこ山椒煮・太刀魚バター焼・里芋の含め揚げ・
鰯オイル蒸し・漬物盛り合わせ・丹波産黒豆煮・いくら醤油漬け・
芝えびの伊達巻・まながつお南蛮漬け・にしん昆布巻き・さけのスモーク・帆立の雲丹焼

d0154344_20481385.jpg

ワインでいただいて、骨酒でいただいて、
みんな~みんな~オイシイ~。
いつもありがとう!!

今年もどうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by sakuraheart | 2014-01-02 20:50