オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

春告魚

豪雪お見舞いを送ります。
いつもながら気配りの方で、本当に頭が下がります。
d0154344_16104296.jpg

d0154344_16113313.jpg

d0154344_16121730.jpg


その箱を開けたら春の魚でいっぱいです。
春告魚のメバル、サクラマス、イカ。
もちろんメバルは煮つけにします。
煮汁を調整して茄子とサッと湯がいた“ふくたち”を添えます。
“ふくたち”とはとうたちさせた白菜の事を称します。
こちらでは秋に“ふくたち”の種を蒔いたものが、春の雪解けと同時に芽を出します。
まだ露地物は無理なので、ハウス物が販売されています。
柔らかい葉物はおひたしにしても、お味噌汁に入れても美味しいです。
d0154344_1613569.jpg

d0154344_16153033.jpg


イカはマリネにします。
夏に収穫して冷凍保存してあるパプリカ・ぷちピーなども沢山入れます。
新たまねぎも沢山入れます。
d0154344_1614573.jpg


一番の楽しみはこちらのサクラマスです。
一足早く“桜”が訪れました。
例年の3倍ある雪の量で、まだまだ春には程遠いですが、
箱の中には“桜”がおりました。
軽く衣もつけてフライにします。
沢山の千切りキャベツを用意して。
もちろん春キャベツです。


あっちこっちから春が訪れた嬉しい一日です。

ありがとう。
[PR]
by sakuraheart | 2014-03-14 16:07 | Comments(0)

さくらあんぱん

d0154344_1215448.jpg


図書館の雪は昨年と比べても多く春は遠い。

3月に入ったのに、
暴風雪で、風が強くは吹雪いている。
数日前、やっと春に近かづいたねぇ~と話をしていた溶けた道路は、
また凍結し始めている。

d0154344_1233748.jpg


3月に入ると必ず作りたくなるパン。
さくらあんぱん。
八重桜の咲くころに花摘みをしている。
花摘みをした後のお茶会もとても楽しい。
八重桜の咲く場所には東屋があり、桜は許可をもらって摘ませてもらう。
ある程度摘んだ方が翌年の花にはいいそうだ。
塩で数日漬け、ザルあげして水分を取り酢に漬ける。
乾燥させないで、冷凍するのですぐに使える。
d0154344_1245332.jpg

何よりも彩りが良くお菓子にはそのまま使える。

小豆は三温糖かきび砂糖で煮て、仕上げに塩をひとつまみ。
ゆるいかなぁ~と思うところで火を止めると、翌日にはちょうどいい固さになる。
この加減がいつも難しいなぁと思う。
d0154344_1262420.jpg


あんぱんのこの焼き色が好き。
とにかく好き!!
美味しいさくらあんぱんが出来る。
こちらは一足早い春の訪れ。
[PR]
by sakuraheart | 2014-03-08 12:12 | Comments(8)

d0154344_1620518.jpg


我が家にひと足早く春が訪れました。

d0154344_16204241.jpg

d0154344_16225972.jpg

d0154344_16231888.jpg


こんなかわいいお雛様巻き寿司が届きました。
とての美味しく頂きました。ごちそうさま。


いつもながら感心してしまいます。
同じパン教室に通っている彼女。
初めて会った頃に、温泉に出かける義父・母の為に巻き寿司を作ったと
写メを送って来てくれました。
あの人みたいに優しい人だと嫁姑問題なんてないのだろうと思います。
仕事の話を聞いても感心してしまいます。
もっと感心するのは、好きな事に対しての情熱です。
この巻き寿司の講師をされています。
その技術向上の為に勉強に出かけるそうです。
そんな素敵な彼女に感化されて、私も今年の目標を色々模索中・・・・。

d0154344_16244672.jpg

d0154344_1625827.jpg

d0154344_16253195.jpg

こちらは折り紙のお雛様段です。
桜や鶴などや色々な飾りも沢山作られています。
色んなお顔のお雛様が飾られています。

このお雛様展は今月20日頃まで展示されています。
毎週水曜日に折り紙教室を開催していますので、
興味のある方は“十文字の道の駅”まで・・・。
覗いて、お願いしたら素敵な作品がいただけるかもしれません。
[PR]
by sakuraheart | 2014-03-05 16:28 | Comments(4)

太っ腹の鱈

d0154344_935876.jpg

d0154344_9353471.jpg

まだまだ雪が多い。
このトンネルの先は、春のわらび山の場所。
この雪が解けて、太いおいしい蕨が採れる。
3ヶ月先のお楽しみになる。
横手から西に向かって走らせると日本海で、
この地方には珍しいお祭りがある。
“掛魚まつり”と言って神社に鱈を奉納する。

先月、この掛魚まつりが終わると鱈の値段が安定すると聞いたので、
鱈を買いに出かけた。
金浦産のメスの鱈と象潟産の生の蛸。
我が家は雄のしらこの“ダダミ”は苦手なので、メスの鱈の方が良い。
さっそく帰ってからの解体ショーのはじまり。
d0154344_938744.jpg

見よ!!この太っ腹!!
d0154344_9385097.jpg


生鱈の子・肝・身と3種類に分ける。
“たらちり”の鱈はあまり火を通さないで、昆布鍋でしゃぶしゃぶの様にひっくり返す。
口の中から溶けてなくなってしまう。
ゆずポン酢がとても合う。
肝も甘くてオイシイ~。
“鱈ってこんなにうまいんだが!!”
火を通しすぎると固くなるし、塩は吸収しやすく辛くなる。
新鮮なら“たらちり”が一番。

d0154344_939259.jpg

もうひとつのごちそうが“たらこ蒸し”である。
きんぴらの中に鱈の子が入ったもの。好みでしらたきや人参も入るが、
新鮮な鱈の子は臭みがなく本当に美味しく出来る。

d0154344_9405818.jpg

でもそのたらちりもたらこ蒸しをおいても好きな鱈の料理。
“鱈フライ”
大盛りのキャベツの千切りを添えてタルタルソースを乗せて
食べるのが大好き。
今年もそんな美味しい鱈をいただく事が出来ました。
ごちそうさん!!


このオイシイ~鱈をいただいた後、
インフルエンザになり、
3日程寝込み、完治するまで10日もかかってしまいブログアップも出来ずいた。

健康が一番!
[PR]
by sakuraheart | 2014-03-02 09:42 | Comments(4)