オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

春のパン教室が始まりました。
d0154344_15415840.jpg

d0154344_15422342.jpg

今月のパンはアップルシナモンとフォカッチャです。
フォカッチャの生地とピザの生地はほぼ同じです。
私はピザ生地に薄力粉も混ぜるので、
その部分が違うだけで後は同じだと思います。
誰でも好きな味ではないでしょうか

成型してオリーブオイルを塗り、オリーブを指で押し込んで
イタリアの岩塩を振りました。
お好みでトォリフ塩を振ったのも試食したのですが、
好みが分かれるかなぁ?と思います。
d0154344_15434869.jpg

この山積みのフォカッチャもなかなか良いでしょう。

アップルシナモンは長方形に成型し、カスタードクリームを塗り
りんごを置いてクルクルとロールケーキのように巻きます。
後は6等分にして中心に1個おいて回りにおきます。
シナモンの香りとカスタードクリームがりんごの味を引き立ててくれます。
お土産パンとしても喜ばれそうです。
d0154344_15455189.jpg


d0154344_15464778.jpg


先生の美味しいランチです。
野菜サラダ・ミートグラタン
パンはフォカッチャとヘンプパンとアップルシナモン
ハンプパンにクリームチーズを塗って手作り生ハムをのせてくれました。
今日のランチは赤ワインとも合いそうなメニューです。

可愛い生徒さんも来てくれました。
なんとお母さんは私たちより下だと・・・
おばちゃんはそんな事で盛り上がります。
[PR]
by sakuraheart | 2015-03-31 15:40 | Comments(2)

普段作らないものを作る


d0154344_1550095.jpg

春彼岸。
今年は雪が少ない為、楽なお彼岸になります。
我が家は彼岸入りに赤飯を作ります。
義父が元気な頃はてんこ小豆を作っていました。
秋田では、てんこ小豆=天甲小豆とは赤飯用の小豆で黒ささげの事を呼びます。
小豆と違い、てんこ小豆で作る赤飯は黒紫色になります。
その色合いは優しさを感じます。
小豆の赤色は邪気を祓うとされています。
義母は甘い赤飯を作ってくれていました。
亡くなってからは、甘みを入れずに蒸しています。
彼岸入りはおはぎ・中日は赤飯・明けは明けだんごが正式だとも言われるそうです。
彼岸入りはあんこ餅・中日はうどん・明けはだんご。
嫁に来て45年ずっとそうだったよ。と言う仕事仲間。

先祖を供養するのにこだわらなくてもいいでしょう。

エゴ天を作りました。
d0154344_15434177.jpg

d0154344_1544451.jpg

d0154344_15442231.jpg

青森産のエゴ草です。作り方は簡単なのですが、手間がかかります。
煮溶けないエゴ草(不純物)は丁寧に取り除いた方が見た目にも綺麗で
美味しいです。
酢味噌・辛子味噌でも美味しいですが、
ばっけ味噌もとても合います。

県南独自の雷寒天も作りました。
d0154344_15445796.jpg

d0154344_1545165.jpg

卵寒天なのですが、上がぼこぼことした形です。
棒寒天を水でふやかして、卵・砂糖・塩を入れて時間かけて混ぜ合わせます。
時間・卵個数によって固さが変わりますが、
火加減が大切で弱火でも強火でも色合いが変わります。
カットした色合いは流し缶のような色合いになります。

どちらも多めに作りおすそ分けをします。

お彼岸だから、普段作らないものを作る。
[PR]
by sakuraheart | 2015-03-21 15:55 | Comments(7)

今だけピザ

d0154344_14342351.jpg

d0154344_14344860.jpg


リンゴの幹の回りの雪も、だいぶ少なくなって来た。
今まで、雪の為通行止めの速道も通れるようになっていた。
枯草の間からエニシの新芽が沢山出始めていた。

昨年末からピザにはまった。
生地はこの分量がベスト。
国産小麦粉・薄力粉を合わせてイースト・塩・オリーブオイルを入れ、
お湯を入れて15分捏ねる。
後はラップして常温にして他の用事をする。
1.5~2倍に膨らんだら、ガス抜きをして丸めておく。
20センチの円形にしてトッピングして焼成する。
焼成する前の予備時間によって生地の膨らみが変わる。
発酵しすぎても良し、明日に焼くときはオリーブオイルを表面に塗り
ビニール袋に入れて冷蔵庫に保管。
我が家のオーブンでは200℃で17分がベスト!!
端っこがカリカリ!!
中がふんわり!!
もっと薄く延ばしてクリスピーにしてもいいが、
ふんわりが私の好きな生地タイプ。
スタンダードなサラミにしたり、ジャマーンポテトと
常備菜のきんぴらごぼうをのせてハーフ&ハーフも焼いてみた。
これも美味しい!!
d0154344_1436423.jpg

d0154344_14422211.jpg

春の味“ばっけピザ”を作ってみる。
そのままだと塩辛いのでマヨネーズを合わせてトッピングしてみる。
我が家の今だけピザ“ばっけピザ”
[PR]
by sakuraheart | 2015-03-17 14:49 | Comments(2)

いつか行きたい浪板

4年前の3月11日、お世話になっている方への誕生日のお花を受け取りに、
早く仕事を終えてお花屋さんにいた。
お花屋さんの奥さんと話し込んでいたら、お店一面のガラス戸がガタガタと、
止む気配がなく激しくガタガタと鳴り出した。
花の出し入れしていたご主人が“早く外さでれ!”
奥さんと手を取り合って外にでて車にしがみ付いた。
帰りの信号は止まっている。
左右確認しながら、不安のまま家路に着いた。
テレビもつかず、停電になっていた。
水道の出が悪い・・・もしかしら止まるかもしれない。
バケツ・鍋に水を溜めておく。
まだ外には沢山の雪があった為、鍋に雪を入れて洗い物などに使える。
その年は大雪の為、車庫の屋根の雪が解けずに電線にかかり、
反射式のストーブを購入していた。
ストーブの上で、
ベーコン・ジャガイモ・人参・キャベツなどでポトフを作る事が出来た。
コタツの中には日本酒の瓶に熱湯を入れて靴下の中に入れた物を何本が入れた。
後から聞いたら、車の中で暖をとった近所の人がいた。

東日本震災発生時、岩手県大槌町浪板観光ホテルで、
観劇中だった五城目・井川町の老人クラブのお年寄り43人が高台に誘導され避難された。
誘導された社長・従業員の方が死亡や行方不明のまま。
その時の事が、こちらの新聞に何度も掲載されていた。
あの時不安のまま・・・自分がどうしてしまったのか記憶もないまま・・・
今だ行方不明の方が2584人。
彷徨ったままなのかと思うと胸が詰まる。

浪板観光ホテルは三陸花ホテルはまざくと名称を変えて、営業再開されて
その従業員(五城目町出身)の方が宿泊客に体験を伝えていると新聞に書かれていた。

私は高校卒業の翌年、東京の信用金庫に就職した友人が帰省した際、
秋田・岩手・福島と私の中古の車で旅行した。
初めて三陸海岸。
松林の先に白いキラキラした砂が目に映った。
友人と車を降りその海岸を歩いた。そこが“浪板”だった。
またいつか行きたいと思った“浪板”
[PR]
by sakuraheart | 2015-03-12 17:36 | Comments(2)

雪の下人参


雪の下人参、雪下人参とも言われる。
雪の下キャベツ、大根、白菜などもある。
d0154344_9442089.jpg


雪国では保存用に雪の下や土の中に野菜を保存する。
丁度、凍らない温度と言われ、外気温との差により野菜自身が
糖度が増すと言われている。
特に感じられるのは、この雪の下人参
保存によって、色の濃さも増してくる。
必ず今の季節に作りたいパン。
雪の下人参をペーストして入れたパン。

d0154344_9391858.jpg

d0154344_939334.jpg


国産小麦粉との相性が抜群で、モチモチになります。
パンの中はこんなにきれいな色になります。
d0154344_94044.jpg

マカロニサラダ・コールスローサラダを入れて、
インスタントのごぼうスープといたさきました。

来週から長く続いているパン教室が始まる。
メンバーさんとも久々の再会で、3月のパンが楽しみです。

ここから、前週訪れた鳥海山がきれいに見えるのですが、
あいにくのお天気で見えません。
そして、道路の脇の雪がこんなに解けているのも珍しいです。
d0154344_9403870.jpg

d0154344_941138.jpg

山々の雪もこんなに少ないのも珍しいです。
アスパラの畑もりんご畑も春を待っています。
d0154344_9413129.jpg

d0154344_9414166.jpg


春の訪れが早くなりそうです。
[PR]
by sakuraheart | 2015-03-08 09:48 | Comments(6)

鳥海山のばっけ採り

d0154344_16235097.jpg


寒さも少し和らいだので、
昨年より速い鳥海山の麓に“ばっけ採り”に出かけた。
やはりこの場所は少し早いようだ。
お天気も今にも雨が降りそうな曇天。
昨年、この場所に来たのが4月3日。
ほとんどばっけは開ききっていた。
今日のばっけ採りは少し早いようだ。
d0154344_1624344.jpg

目印の霞桜の蕾もまだまだ固く閉ざしている。
昨年は剪定して置かれていた枝木を分けてもらった。
家のあちらこちらに桜の枝木を飾った。
淡い霞桜と春を楽しむ事が出来る。

d0154344_16255129.jpg

d0154344_16261980.jpg

この辺は3月中~下旬が採り頃で少し早かった。
少し場所を変えてみたら、沢山のばっけに会えた。
夢中になる。
本当に笑うくらい夢中になる。

帰り路、あまりの雪の量の違いに戸惑いながら、
d0154344_16293367.jpg


一足早い春の香りを楽しみました。
d0154344_2284324.jpg

d0154344_2271669.jpg


明日、秋田の春を送ります。
[PR]
by sakuraheart | 2015-03-03 23:22 | Comments(2)