オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

<   2015年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

こしあぶら

d0154344_2054649.jpg

d0154344_2055593.jpg


d0154344_2055359.jpg

ここはこしあぶらが採れる山。
“山菜の女王”と言われるこしあぶら。
こちらに来てからそのような山菜がある事を初めて知った。
美味しいそうな印象を受けないが天ぷらにすると濃厚な風味がする。
先端が開き切る前が一番美味しいと言う。
d0154344_20574287.jpg

こしあぶらのつけ根ははかまで覆われていて、
密集して茂っているので、同じ山菜でもとても採りやすい。
この大きなこしあぶらの木が目印。
最初目にした時にこの大きさにびっくりした。
山桜も散り始めていた。
d0154344_20583890.jpg

d0154344_20593069.jpg

d0154344_20594884.jpg

ひっそり咲いているスミレにホッと癒される。
[PR]
by sakuraheart | 2015-04-30 21:05 | Comments(4)

落語 百年目


落語『百年目』

ある大店の大旦那は
店を大番頭に任せ花見にと出かけた。
そこで、真面目で堅物だと思っていた大番頭が
陰で遊んでいた場面に出くわしてしまった。

「お久しぶりです。ご無沙汰を申し上げて・・」と大番頭に言われ、
なぜ毎日会っているのに、長らく会っていないような挨拶をされたのか
気になって眠れずに、翌朝大番頭を呼んで聞いてみた。

一方、大番頭は、
顔を見られてしまいこれが百年目と思い、怒られるだろうか、辞めさせられるだろうかと
こちらも眠れずに朝をむかえた。


大旦那は確信に触れずにこんな話をする。
==========
天竺に栴檀(せんだん)という立派な木があり、
皆が旅の途中足を止めては、その場で休んでいた。
その木の下に南縁草(ナンエン)という汚い草が茂っていた。
ある時、
そのナンエン草が目障りだと抜いてしまった者がいた。
そしたら、栴檀も枯れてしまった。
調べてみると、栴檀はナンエン草を肥やしにし、ナンエン草は栴檀の露で
育っていた事が分った。

栴檀が育つとナンエン草も育つ。

栴檀(せんだん)の“だん”とナンエン草の“なん”を取ってだんなん。
それが“旦那”になったという。こじつけだろうが、
私たちもそうでないかいと大旦那は言う。
お前がナンエン草で私が栴檀。
そして、店ではお前が栴檀で下の者がナンエン草。
栴檀は元気がいいがナンエン草は元気がない。
少しナンエン草にも露を降ろしてやって下さい。と説論する。


大旦那は、どれ程信用し、安心し、任せきたのかを話し、
大番頭のような者を育てて欲しいと話す。
私は子供がいないので、ゆくゆくはこの店を任せようと決めていたが、
自分の店を持つようにしなさいと話す。
それまでに露を降ろして下さい。と


噺の解釈は私にはこう思いました。
たぶん聞く人よってもとても違う噺だと思います。
上司と部下。師匠と弟子。夫婦でも例えが出来ると思います。


毎日違う百年目だとの事でしたが、
今日盛岡劇場はどうでしょう。
今まさにその場面の時間。
覗いてみたいと思ったのは私だけではないと思います。

難しいそして楽しい噺でした。

d0154344_1546511.jpg

[PR]
by sakuraheart | 2015-04-26 15:57 | Comments(2)

桜 今満開

d0154344_1535988.jpg

d0154344_15463975.jpg

横手は桜が満開。
今年は沢山の桜に会えた。
我が家からも見える公園の桜。
このアングルは毎年写している。
d0154344_15401352.jpg

d0154344_15372561.jpg

昨年の桜も満開できれいだったが、今年も本当にきれい。
ソメイヨシノの淡い色は可愛らしく、でも物悲しい。
そして愛おしい。


待ちに待ち焦がれた桜。
今年はとても早く会い来てくれたから、
お花見のタイミングが合わずに困っている。

d0154344_15412779.jpg


毎年桜摘みをされてもらっている場所も満開だよと聞いて、
仕事帰りに寄ってみた。
本当にあふれんばかりの桜。
八重桜は蕾だが、ソメイヨシノは満開。
本当なら鳥海山がきれいに水面に移るのだが、
田んぼの水張りまで早いのと花曇りで見る事ができなかった。


d0154344_15451052.jpg

待つ花 桜
まもなくソメイヨシノが終わり八重桜・山桜に移る。
散り行くまで、もう少し楽しめそう。
[PR]
by sakuraheart | 2015-04-23 15:49 | Comments(2)

筍ご飯

d0154344_19523368.jpg

d0154344_19525242.jpg

雨を潤った畑は種まきの好機を迎えます。
特に今年は雪解けと春が早いためか雨が多いように思います。
清明になると雨が降らなくなり、穀雨になると霜が降りなくなる。
4月初旬、霜が降りた。
ほろけた(開いてしまった)ばっけの上にサッと白いものが一面に・・・。
穀雨(4月20日)が目印になるそうです。
以前の日記に目を向けると、じゃがいも植えがこの日になっていた。
もっと春が早かった年があった訳です。

d0154344_19593722.jpg

熊本産“孟宗”あぁ食べたい!!高いなぁ
湯がいたら、1/2の大きさになるだろう。
福岡産“孟宗”
あぁ・・・美味しいだろうなぁ・・
あぁ・・・そんな顔して見つめないで・・・
しかし、誘惑に負けてしまった千葉産“孟宗”
ちょうど、精米したばかりなので新鮮な糠を入れて湯がいた。
この糠は畑に肥料としてまくためによせておいた。

時間をかけて湯がいた孟宗で、筍ご飯を炊く。
土鍋の穴から湯気が出始めたら、弱火して13分。
止めてそのまま10分。
この時間をきちんと守れば美味しいご飯がいただけます。
d0154344_19542850.jpg

d0154344_1954425.jpg


土鍋からは春の香りがする。
そのままももちろん美味しい。

まもなく採れる“こしあぶら”で味噌を作っていただく。
それもまたこれからの楽しみ。
[PR]
by sakuraheart | 2015-04-15 20:06 | Comments(2)

待つ花 桜

4月11日、秋田市開花宣言。
あいにく朝から横手は雨が降り出していた。
予定を翌日に変更して今朝早朝向かってみた。
毎年同じように訪れているじゅんさい館。
事前に電話で調べて“天然たらの芽”があるとの事で向かった。
まだまだ小さいたらの芽。
おがれ!おがれ!山菜!!

今が盛りのこごみ・行者にんにく・山葵。

d0154344_15401422.jpg

d0154344_15405519.jpg

d0154344_15411743.jpg

大潟村の菜の花ロード。
桜が咲いているように写真に写る。
d0154344_154139100.jpg

沢山の蕾が今か今かと膨らんでいる。
咲いてる桜を見つけることが出来た。
この暖かさで花は開き、今週末は沢山の桜を見る事ができるだろう。
d0154344_1544271.jpg

桜の咲き誇る時期は短く、その待ちわびる時間は楽しい。
今日のような薄曇りは花曇り。
待つ花 桜。

初物 山菜
[PR]
by sakuraheart | 2015-04-12 15:47 | Comments(0)

何も出来ない

彼女が若年認知症になってしまった。
数か月ぶりに見る彼女は別人になっていた。
誰かと勘違いしているのか?
ほとんど入っていない袋菓子を手渡された。
彼女ならのおもてなし。
何の会話も出来ない自分に、腹立だしさを感じた。
今もその事が頭の中で思い出される。
一時もじっとしていない彼女。
動き回っては彼の横に座り、また動き回る。
彼女が寝入った時だけ少しホット出来ると言う。

それから数か月後、彼女は施設に入居したと聞いた。

よく思い巡らせば、あれ?と思う事があった。
いつも穏やかで、物静かな人なのだけれど、
テンションが高く子供みたいな、会話をするようになっていた。
とても綺麗好きな彼女が片づけもしなくなっていた。
あの時、もう脳が委縮し始めていたと聞く。
何も出来ない。

涙がこぼれてきた。
[PR]
by sakuraheart | 2015-04-05 17:49 | Comments(2)