オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

跡隠しの雪

跡隠しの雪とよぶ。
旅の僧を泊めた貧乏な老婆がもてなすものがなく、
地主の稲・隣家の畑の大根を盗んでしまう。
畑から畑と足が悪い老婆の足跡が残っている。
僧はその足跡を隠すために雪を降らせた。
その僧は弘法大師だとも言われている。


残された大根も雪の中。我が家の畑に雪が降る。
向こうの大豆畑も、雪に埋もれている。
d0154344_14455790.jpg



昔々、寒い雪の夜、小さな村に旅のお坊さんがやって来て、
ひと晩泊めてくれる家を探していた。
どの家にも断られ、村の外れのひとり暮らしのおばあさんに頼みました。
おばあさんは何もないけれど、お泊り下さいと言いました。
お坊さんは火の消えたいろりに座り、念仏を唱え始めました。
おばあさんは、寒さに震えながら葉っぱ一枚でも残っていればと、
畑に行きましたが、やはりありませんでした。
おばあさんは、地主の畑に行き、
“今日だけは許してください”と手を合わせて、
干してある稲を、ほんの少し抜き取りました。
隣の大根畑で、
“今日だけは許してください”と手を合わせて、
小さな大根を一本抜き取りました。
そして、雪山に枯れ枝を探しに行きました。
枯れ枝でいろりに火をおこし、臼で稲をつぶして、
大根と団子を煮て団子汁を作りました。
出来上がった団子汁を全てお椀に入れて、
“私はお腹が空いていないので、”とお坊さんに差し出しました。

外を覗くと、
地主の畑、隣の畑とおばあさんの家まで続く足跡が、
雪の上にはっきりと残っていました。
明日になれば、稲や大根を盗んだことが村中に知れ渡ってしまう。
そして、村を追い出されてしまうだろう。
しかし、美味しそうに団子汁を食べるお坊さんを見て
心の底から、良かったぁ・・・と思いました。

翌朝、辺り一面に新しい雪が降り、
すっかりおばあさんの足跡がなくなっていました。
“仏さまは、あなたのした事をお許しになるでしょう”と
再びお坊さんは旅へと出かけました。

d0154344_14492681.jpg


こんな雪の風景なのだろうか?
[PR]
by sakuraheart | 2016-01-28 15:00 | Comments(4)

春夏秋冬の恵み=納豆汁

d0154344_1555316.jpg

真っ白な何も足跡がない。
d0154344_15554631.jpg

窓を開けると、雪の花(紅葉の木に咲いた)

朝から全国の大雪情報
いつも聴いている朝ラジオの投稿メールで、雪の情報がされていた。
バケツに氷が張っていてびっくりした・・・
水が出なくて困ってしまった・・・少ししたら出てきた・・・
急に寒くなり、雪が積もりだしたら、
慣れないと戸惑ってしまうだろう。
d0154344_1556566.jpg

あの雪の下は畑。

d0154344_155652100.jpg

d0154344_1557453.jpg


やはりこの材料が揃わないと“納豆汁”は成り立たない。
春にあのわらび山から採ってきた少し短いものを塩漬けにする。
日付を見ると、5月10日に収穫したものになっていた。
前日から塩だしをしておく。
秋に山で採れたきのこ“さわもだし”も水にさらして、塩出しをする。
畑から収穫して保存しておいた里芋とネギ。
家では形の小さい物などを切って冷凍するが、そのままで保存した最後の里芋。
後は豆腐・油揚げ・粒納豆は買い求める。
d0154344_15574785.jpg

まずは、里芋を細かく角切りして水と鍋に入れて煮る。
同じく切ったわらび・さわもだし・豆腐・油揚げを入れて味噌を入れる。
すり鉢でつぶした納豆を入れて、ひと煮たちさせる。
納豆を入れた後はあまり煮立たせない。薬味のネギを入れ七味を振りいただく。
そして、各家々の納豆汁になる。
昔から、納豆をすりつぶす仕事は夫だったり、子供の仕事。
近年では納豆汁の元、味噌まで入っているものも販売されている。

雪仕事の後には身体の芯まで冷える。
そんな時にもいただく納豆汁。
d0154344_15581810.jpg

春夏秋冬の恵みがないと美味しい“納豆汁”が出来ない。
[PR]
by sakuraheart | 2016-01-24 16:00 | Comments(2)

春祈祷

d0154344_17201685.jpg

春祈祷
一年の家内安全・商売繁盛・無病息災・五穀豊穣を祈ってもらいます。
神饌(御頭付きの魚(今年は生にしん)・供物・お米・お神酒・塩)などをお供えし、
一升のお米の上には御初穂と御幣がさされます。
そして御祈祷をしてもらいます。
祈祷してもらった御幣は神棚の御幣と取り換え、御札も供え、
家のあっちこっちに飾り、守ってもらいます。
玄関・車庫・台所・廊下と決まっています。
合同での春祈祷も行なわれますが、各家々での春祈祷も行います。
d0154344_17182236.jpg



我が家は、自宅での御祈祷してもらいますが、
これが終わるとホッと安堵と一年の始まりを感じます。
d0154344_172364.jpg

今年は穏やかなに始まり、本格的な寒い日が続くようなりました。
日中少しは和らぐのですが、夕方になると寒さが厳しくなります。
やはり横手!!
d0154344_17233010.jpg

買い物帰りのこの道が大好きです。
春に満開の桜道になるのですが、今は雪の花が咲いています。
吹雪いて来たようです。
急いで帰りましょう。
d0154344_1725558.jpg

[PR]
by sakuraheart | 2016-01-19 17:17 | Comments(8)
d0154344_1016147.jpg

あけまして
おめでとうございます。
d0154344_10172446.jpg


しめ縄を新しいのに代え、鏡餅・お米・お酒をお供えして、
歳神様をお迎えする準備をします。
鏡餅には歳神様が宿り幸せになれると言われて、
大小の餅を重ねるのは“福が重なる”という意味があるそうです。
今年はおもちも上に“姫りんご”を飾ります。

歳神膳は頭付きにご飯と納豆汁。
歳とり魚は“ハタハタ”
民謡でも言われている♪八森ハタハタ~です。
ぶりこハタハタの付け合わせはこちらならでの三杯餅と栗の渋皮煮。
漬物は、大根の柚子漬け・いぶりがっこ・柴漬け・きゅうりの辛子漬け。

紅白なます・ササゲ煮豆・天然舞茸とわらびの一本煮。
雷寒天・伊達巻・イチジク寒天。
春から秋までの、畑の野菜や山・海の恵みが幸せをもたらしてくれます。
健康にいられますようにと。
d0154344_10212552.jpg


美味しいおせちが届きました。
息子夫婦のお店で丹精込めて作ったおせちです。
****おしながき****
鰆西京焼・とうふよう・唐墨・鴨ロース・炙り〆かます・じゃこ山椒煮・
太刀魚バター焼・里芋の含め揚げ・鰯オイル蒸し・漬物盛り合わせ・丹波産黒豆煮・
いくら醤油漬け・芝えびの伊達巻・まながつお南蛮漬け・にしん昆布巻き・
焼鮭スモーク・帆立の雲丹焼
私は芝海老の伊達巻と鰆西京焼が特に楽しみです。

d0154344_10223380.jpg

鯛はお造りと鯛ご飯でこちらも美味しくいただきます。

友人夫婦を呼んで、
美味しいおせちと楽しい時間です。

いつも美味しいおせちをありがとう!!
今年もどうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by sakuraheart | 2016-01-03 10:29 | Comments(4)