オイシイって楽しい!

sakuraart.exblog.jp

横手の野菜やいろいろ

ブログトップ

<   2016年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

こしあぶら味噌

d0154344_18372695.jpg

桜も散り、さくらんぼの花が満開。


先日、こしあぶらと採った山で“ウグイスの初鳴き”を聞いた。
いつもなら、あのわらび山で遭遇する。
d0154344_18245886.jpg

タラの芽は聞いた事がある。
食べた事もあると言う人も多いだろう。
こしあぶらはここ横手に来てから、見るようになり、
食べたら、その濃厚な風味で好きになった山菜のひとつ。
山菜は地域によって好みが分れ、こしあぶらは長野などでよく食べられるそうだ。
雪のない地方だと20mもする大木になるそうだ。
私が行く場所も、大きなこしあぶらの木が目印なる。
この大木から種が飛んで、あっちこっちに手頃な高さのこしあぶらの木がある。
十数年前まで、秋田のこしあぶらの木は伸び放題だったらしい。
それが雑誌などで紹介され、“食べてみたい”と。
直売所などで目にするそうになったと聞いた。
こしあぶらもタラの芽もウコギ科で、山菜らしい風味と味がする。
ブログ友・momoさんも必ずこの季節にウコギご飯を作っている。
私自身、ウコギごはんは食べた事がない。
毎年作るこしあぶら味噌をご飯の上にのせるのと、たぶん同じような味がするのだろう。


d0154344_18343958.jpg

d0154344_18314650.jpg


天ぷらには若芽が開いた直後が食べ頃。
そんなこしあぶらとタラの芽を天ぷらにした。
こしあぶら味噌も筍ごはんの上にちょこんとのせて、いただく。
[PR]
by sakuraheart | 2016-04-28 18:45

山菜の女王=こしあぶら


d0154344_21453049.jpg

“山菜の女王”と言われるこしあぶら。
姿からは、美味しいそうな印象を受けないこしあぶら。
だが天ぷらにすると濃厚な風味がする。
こしあぶらの下ははかまで覆われていて、
先端が開き切る前が一番美味しいと言う。

大きな木もこしあぶらである。
最初目にした時に、大きさにびっくりした。
ここから種が飛んであっちこっちに若木がある。
d0154344_21494493.jpg


天に向かい顔を上げるとこんな素敵な景色に会える。
山桜も散り始めて、毎年会えるスミレも今年は枯れてしまっている。
d0154344_21504093.jpg

d0154344_2275048.jpg

ここからの風景も大好きな景色だ。



d0154344_2244099.jpg
d0154344_2261594.jpg
山菜の春は1週間も早くやって来た。
タラの芽もちょうど良い頃、食べ頃。
“棘、痛いのも忘れる程の楽しさかな”
早速天ぷらにして食べた。
こしあぶらの小さいので“こしあぶら味噌”を作ろう。
[PR]
by sakuraheart | 2016-04-26 22:15

いつもの桜

d0154344_14235285.jpg

d0154344_1432712.jpg


秋田にも桜の季節が訪れ、今週末の風で葉桜へと変わりつつある。
今年もきれいな桜と会えた。
気持ちがワクワクして、そわそわして・・・
d0154344_14253453.jpg

私のお気に入りはいつものこの場所。
畑の場所からも見えて、仕事の行きかえりにも、この公園の道を通る。
昨年はカメラに収めた日のが4月23日。
“ウソ”の被害にも合わずに、こんなにきれいな雪洞のような花を咲かせた。
“ウソ”は1日で300~500もの花芽を食べてしまうと言う。
今年も同じような月日にカメラに収めた。
“ウソ”のオスはバラ色の頬をしていると聞いた、ちょっと見たい気もする。

d0154344_14262863.jpg

d0154344_14275099.jpg

d0154344_14285031.jpg

ブログ友さんからヒントをいただいて、
桜カンパーニュを作りました。
材料が多いためきれいな桜の形にはならなかったのが少し残念。
6種類のベリーと胡桃と紫米粉を入れて、焼き上がり。
週末のおやつにとカレー粉入りベーコン・チーズぱんも焼き上がり。
畑仕事の始まりです。
[PR]
by sakuraheart | 2016-04-24 21:40

スコットランド・バンズ

d0154344_17213087.jpg

畑の公園の桜が、咲き始めました。
今月のパン教室。
d0154344_1723159.jpg

スコットランド・バンズとマジックケーキ。
パンをパンで包む。
ドライフルーツの沢山入った生地を生地で包む。
今回はマンゴにカレンズを入れる。
スパイスの効いた方が美味しい。
沢山入るバターが外側のサクサク感になる。
パンのようなお菓子のようなパン。
巨大ボールのようなユニークな形のパン。
d0154344_1723176.jpg

d0154344_17233296.jpg


フランス発の魔法のケーキ。その名はマジックケーキ。
1度焼くだけで、3つの食感が味わえる。
上がスポンジ。
中がカスタード。
下がフラン。だからマジックケーキ。
味はプリンのようなクラフティのような・・味。
d0154344_1724747.jpg

美味しいランチと一緒に、
ご馳走さまでした。
[PR]
by sakuraheart | 2016-04-18 23:30

余震やまず・・・

d0154344_1771883.jpg

熊本地震。
14日の地震と、頻繁する余震で被害が増えていく。
誰がこんなにひどくなるのかと予想しただろう。

1983年日本海中部地震。
2008年の岩手・宮城内陸地震。
5年前のあの日の地震。
その間にも沢山の地震があったことだろう。
自然のすることは無常である。

熊本地震で被災された方々が、
早く普通の暮らしを取り戻せますように。
そして、亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by sakuraheart | 2016-04-17 23:05

コブシの花

d0154344_14405953.jpg

ウォキングに付き合い、近くの公園まで出かけた。
私は散歩しながら、公園の中の春を見つける散策をする。
朝早くの散策はまだ肌寒く吐く息も少し白い。

d0154344_14441248.jpg

d0154344_14432988.jpg

梅は開いたばかりで、コブシの花は満開になっている。
d0154344_1445848.jpg

我が家から10分程の場所で、菜の花の無料摘み取りが行われていた。
昨年から行われている環境保全活動の一環として開催。
訪れた人はビニール袋をもらい、摘み取りが出来る。
昨年も人気があり、あっと言う間に終了した。
雪の下で越冬した菜の花甘みが増し、歯ごたえもよく美味しい。
摘んであげると、脇芽が出来て沢山の花を咲かせる。

d0154344_1451291.jpg

沢山の人が摘み取りしている場所は、遠慮して写真を撮る。
d0154344_1449291.jpg

d0154344_14491811.jpg

イカと和えると、ほろ苦さと食感が美味しい。
六角精児の呑み鉄本線・日本旅の小湊鉄道の菜の花畑を見て、
番組おつまみ・菜の花の明太子マヨネーズにもしてみた。
d0154344_15292065.jpg

翌日は豚肉で巻いて、お弁当に入れてみた。
来月には沢山の黄色の菜の花畑になる。
[PR]
by sakuraheart | 2016-04-13 14:58

おやきパン


休日は常備菜作りをする。
きんぴらごぼうにひじき煮か切干大根の煮物のどちらか?大体決まっている。
お弁当にこの作り置きの惣菜があると楽になる。
ひじき煮から変化させて、五目煮や切干大根から変化させて和え物になったりもする。
朝に卵焼きと焼き魚または肉の物でお弁当箱に収まる。
午前中には夕ご飯の準備も終え、午後からはひとりの時間となる。
撮りためていた映画を見たり、次月のwowowの映画をチェックしたり、料理雑誌を見たり、
本を読んだりすると、あっという間に時間が過ぎていく。

d0154344_15181351.jpg

d0154344_15212165.jpg


常備菜のきんぴらごぼうを入れておやきパンを作る。
小麦粉だけだとおやきになってしまうので、南部小麦粉と薄力粉のブレンド。
甘みはきび砂糖を少し入れる。
中身はきんぴらごぼう・あんこ・りんご煮の3種類。
オーブンで焼いてから天板を乗せて焼く。膨らみすぎ防止の為にそうしたのだが、
焼き目があまりつかない。
翌日にはセルクルに入れて、
天板を乗せて焼いて、はずして3分程焼く。
焼き目はきれいについたが、これだとおやきの姿ではない。
こちらにはきんぴらごぼう・ごぼうサラダ&チーズ・かぼちゃの3種類。
同じ材料で型が違うだけで、和から洋に見えてしまう。

d0154344_15225697.jpg

d0154344_15231534.jpg


もちもち生地に出来上がり、きんぴらごぼうと相性が良いのが発見。
この南部小麦粉はうどんやひっつみにすると美味しい小麦粉。
お惣菜と合わない理由がない。
[PR]
by sakuraheart | 2016-04-09 15:28

旬の野菜始まり

d0154344_1524335.jpg


今日は鳥海山がきれいに見えた。
忙しくりんごの枝を拾い集める作業に勤しんでいる姿が見える。
これからは毎日が忙しいそうだ。
d0154344_1517537.jpg

秋田で一番早く旬が始まる野菜。
ここ県南部でせりなどに続いて収穫出来る“ふくだち”
色々な意味があるようだ。
“福立”福が来るとの意味を込めてふくたちとも言う。
中心部分が菜の花で外側が巻かれていない白菜のような野菜。
秋の白菜などの野菜をそのまま冬越しさせ、
雪解けとともに新芽の部分を摘んでお浸し・味噌汁の具。
白菜の種は1袋沢山入っているので、残りを秋蒔きにしたりもする。
我が家で好んで食べる“食べ方”がある。
数年物の味噌の上には“たまり”が出来ている。
d0154344_15205054.jpg

このたまりにすりおろしにんにくを混ぜてふくだちの上に少しかけて食べる。
d0154344_15182336.jpg

ひろっこ
こちらも旬の野菜。
だいぶ葉の部分が増えてきているが、少し収穫してきた。
根の処理をきれいにして、サッと湯がいて酢味噌などと和えて食べる。
d0154344_15185952.jpg

昨年の秋に植えたニンニクが芽を出して成長している。
今週末にも、そろそろ土起こしをしてもらおう。
知人にトラクターで耕してもらい、我が家の小さい耕運機の出動となる。
まずは、GWのじゃがいも植えから始まる。
d0154344_1522711.jpg

[PR]
by sakuraheart | 2016-04-06 15:26

餃子作りは奥が深い

d0154344_8352642.jpg


餃子の為に、大小の皿を知人に作ってもらっていた。
大皿2枚・タレ皿15枚程ある。
この皿には、大きな丸を三つ描いてもらっている。
太陽・月・自分たちと言う意味。
月日が経ち、タレ皿は数枚欠けてしまった。
大皿も1枚は少し欠けてしまっている。

餃子があまり得意ではなかった私が、
畑のニラの消費に困り、餃子にたどり着いた。
“餃子はいけてないね”
そんな言葉を子供から言われ、もう作らん!!と思ったのは昔の話。
dancyu餃子特集で教わり、
餃子の王様ことパラダイス山元さんの『まんぎょえん』に魅了された。
d0154344_8315195.jpg

肉の方に調味液を入れて、白くなるまで混ぜ合わせてから、
野菜と軽く合わせて作る。
羽根の付け方も色々あると思うが、餃子を包んで少量の小麦粉の上に置く。
粉がついたまま、フライパンに並べ、お湯を入れてから火をつけて焼く。
我が家では7分~8分で焼き、胡麻油を回り入れて1分半と決めている。
そして、チョンジャンたれ、にんにく醤油など色々にして食べる。
明太子や高菜漬けやザーサイなどを入れても美味しい。
チョンジャンたれは手作りしている。
赤みそにコチジャンを混ぜて、酢・砂糖・ごま油・手作り胡麻を入れて出来る。

餃子作りは奥が深い。
[PR]
by sakuraheart | 2016-04-03 08:33